1万人笑い声
独占する者誰だ!?

漫才コントものまねフリップ芸
落語漫談一発芸などなど

まさにオールジャンルの戦いが始まる!

よりいろんなジャンルの方にチャンスを!ということで、

今年は4部門で予選を行います♪

①学生部門

②漫談、漫才、コント部門

③フリップ、プレゼン、パワポ、ものまね部門

④ショート部門

各予選で1位突破した方に
賞金5万円

8月4日(土)に
幕張メッセ最終決戦していただきます!

総合優勝者には
賞金111万円!!

漫談、漫才、コント部門

エントリーはこちら

フリップ、パワポ、映像を使ったネタ、ものまね部門

エントリーはこちら

ショート部門

エントリーはこちら

参加条件

・5人以下のグループ
・オールジャンルOK!
・1エントリーにつき1Twitterアカウント、1Googleアカウント必要になります。

①:学生部門

生業にしているものが学生の人が対象です。

何人でのエントリーも可能。

動画の時間は3分程度でお願いします。

ネット予選で15位以内が準決勝進出!

②:漫談、漫才、コント部門

何人でのエントリーも可能。

動画の時間は3分程度でお願いします。

ネット予選で15位以内が準決勝進出!

③:フリップ、パワポ、映像を使ったネタ、ものまね部門

何人でのエントリーも可能。

動画の時間は3分程度でお願いします。

ネット予選で15位以内が準決勝進出!

④:ショート部門

何人でのエントリーも可能。

動画の時間は20秒程度でお願いします。

ネット予選で15位以内が準決勝進出!

※エントリー費が無料です!

エントリー費用

・1人1000円
例)5人グループの場合、5000円かかります。

※ショート部門は無料となります!

オススメ事項

これをやるとモテコンファンが動画の見やすさから
投票率アップするかも♪
1) 紙や立て札等に【TOP1】と記載したものと一緒に動画を撮影する。
or
サムネイルに【TOP1】と【エントリー名】を入れる。
or
動画の最中に【TOP1】と【エントリー名】を言う。

2) YouTubeにアップする際、動画の「タイトル名」の末尾に【TOP1】を記載してみよう♪
例)〇〇〇〇【TOP1】

3) 動画の「詳細文」の欄に、下記を記載してみよう♪
エントリー名 :例)〇〇〇〇
マイページURL:例)http://〇〇〇〇
モテワンコンテストHP:http://www.mote1.jp
モテワンコンテスト
TOP1

4) YouTubeの規約に則ってエントリーお願いします。
→YouTube側に動画を削除されたら元も子もないです!

通過基準

【とにかくおもしろいもの】

・準決勝はお客さん投票で決定!

・決勝は

①会場のお客さんの票

②ネット視聴者の票

③特別審査員の票

この合計で決定!
※ネット予選のランキングは決勝戦で優勝を決める際のポイントにも加算されます!
こちらは順次発表していきます!
乞うご期待!

推薦者について

推薦したエントリー者が優勝した場合、賞金10万円を差し上げます。
ただし、エントリーの際に、推薦者情報を入力した場合のみ適応されます。

コンテストスケジュール

エントリー期間

3月〜5月
Twitterと連携した
コンテストサイトに
YouTubeの3分以内の動画で
エントリーを行います!
6月以降もエントリーは可能です!

投票開始

6月1日〜6月30日
ネット投票ページで投票を行い
勝ち残った上位組は
7月上旬の準決勝へ!
約400人の前でネタ合戦!

決勝戦in幕張メッセ

8月4日
幕張メッセ1万人の来場者
ネット生放送の視聴者
特別審査員が審査いたします

MC

  • TOP1グランプリ2018
    						

    渡辺正行

    1956年千葉県生まれ。明治大学在学中にラサール石井、小宮孝泰と出会い、コントグループ「コント赤信号」を結成。1980年にフジテレビ花王名人劇場にてデビューし、暴走族コントなどで人気を博す。コント赤信号のリーダーとして活躍するとともに、場を盛り上げる司会が評価され数々の番組に出演している。

    若手お笑い芸人の育成に熱心で、
    あの爆笑問題やウッチャンナンチャンなどが出演していた知る人ぞ知る
    「ラ・ママ新人コント大会」を30年もの間、主宰し、後進の育成に尽力しています。

審査員

  • TOP1グランプリ2018
    						

    元祖爆笑王

    1964年、秋田県生まれ。放送作家・演芸作家・演芸プロデューサー
    数々のテレビ、ラジオ番組を構成、「笑っていいとも!」「めちゃめちゃイケてるッ!」「爆笑レッドカーペット」など、
    フジ系を中心に数々のテレビ、ラジオのバラエティ番組のレギュラー番組や特番を担当。
    また、若手の発掘や育成にも力を注ぎ、ワタナベコメディスクール、太田プロダクション、ホリプロ等の講師、
    ネタ見せの活動もしており、新人の登竜門「お笑いハーベスト大賞」「漫才新人大賞」の審査員も務めている。

  • TOP1グランプリ2018
    						

    Ramu

    ネット界から舞い降りた次世代型タレント。
    ネット世代の若者たちから話題沸騰中!!
    コーンスネーク・ヒョウモントカゲモドキ・マダガスカルオオゴキブリなど200匹飼育中など話題が尽きない。
    アキラ100%のモノマネ芸でYouTube732万回再生を記録している。

    詳細プロフィール

協力会社一覧