【モテワン】大好きなゲームを仕事に!「職業:ゲーム実況者」になる時代

2018年7月21日

ゲーム実況って職業になるの??

※7月21日ブログ更新(当日スケジュールを最後に追記しました)

 

こんにちは。

モテワンコンテスト2018 ゲーム実況コンテスト スタッフブログ担当です。

 

ゲーム実況というと最近でこそよく耳にするようになりましたが、まだまだなじみがない方も多いのではないでしょうか?

ですが、今や小学生の夢のひとつにYouTuberがあがる時代です。

ゲーム実況だけで生計を立てられている方もどんどん増加しているといわれています。

そこで今回は【職業:ゲーム実況者】に迫ります。

 

ゲーム実況者の主な3つの収入源!

まず、職業として大事なのが収入源ですよね。

そして、ゲーム実況者の収入源は主に下記の3点だといわれています。

(1)動画サイトの広告収益

(2)タイアップ動画

(3)有料コミュニティ

 

(1)に関してはYouTuberの方などと同様で、自身の動画が視聴されているあいだに表示される広告収益の一部が分配されるというものです。

1再生あたりの単価にもよりますが、基本的には再生回数が多ければ多いほど収入が増えます。

また、2014年末に任天堂がこれまで黙認してきたゲーム実況を正当に収益化できるように『Nintendo Creators Program』を発表しました。

これがさらにゲーム実況を発展しやすい環境へと後押ししたと思います。

 

(2)は企業から依頼を受けてプロモーション動画を制作するというものです。

その多くはゲーム企業からプロダクションや代理店を経由して実況者へと発注されます。

ゲーム企業のプロモーション自体、流れが変わってきているといえるのではないでしょうか?

 

(3)はコミュニティの有料会員向けに動画作成・配信し、会員から料金を徴収するというものです。

 

夢のような職業だが、楽なわけではない!

ゲーム実況が職業だというと、好きなことやりながらお金がもらえていいなあと思われるかもしれません。たしかにゲーム好きの方からすれば、好きなことが職業になれば幸せかもしれませんが、ゲーム実況が楽な仕事かというとまた話は変わってきます。

なぜなら、ゲームを好きなようにやればいいというものではないからです。

 

スキルを売りにしている実況者であれば、スキルを磨くためにスポーツ選手と同じように毎日ゲームをやりこんでいる方が多いです。

そして専業の方は1日1〜3本の動画を配信される方が多いですが、約20分の動画を制作するのにはその何倍もの時間を費やしています。

特に動画の編集作業ではゲームのプレイ時間の2〜3倍の時間がかかることもよくあるそうです。ゲーム好きの方からすれば夢のような職業ですが、楽な仕事というわけではなさそうです。

 

いかがでしたか?

ゲーム実況者も今や立派な職業として成立しています。

いきなり、職業として専業にするのは厳しいかもしれませんが、まずは趣味レベルからはじめたことが職業になるという夢のような職業であることは間違いなさそうです。

[ゲーム実況コンテスト 公式Twitter]

※追記
◆8/4 当日スケジュール
11:00 開場
13:00 オープニング
20:50 グランドフィナーレ
21:30 クローズ

詳しいスケジュールはこちらをご覧ください。

《お知らせ》モテワンコンテスト2018 決勝戦 タイムスケジュール


PAGE TOP