【モテワン】感動する行事食♪見た目から美しい日本食文化を学ぶ

2018年5月16日

行事食ってご存じですか?

こんにちは♪

モテワンコンテスト2018 公式グルメスタッフです。

 

「春」「夏」「秋」「冬」

日本人にとって四季というのはとても大切な文化です。

気温で感じたり、植物で感じたり、人それぞれいろんなところで四季を感じています。

グルメスタッフとしてはもちろん、グルメで四季を感じます♪♪

 

季節ごとの行事やお祝いの日に食べる特別の料理を「行事食」といいます。

今回はこの行事食から日本の食文化をお伝えします♪♪

 

こんなにあった行事食!!

行事食という言葉、あまり聞き馴染みがありませんよね。

でも意外とみなさん、しっかり行事食を楽しんでいるんですよ♪

 

・お正月の「おせち料理」

・土用の丑の日の「うなぎの蒲焼き」

・端午の節句の「かしわもち」

・冬至の「かぼちゃ料理」

 

一例ですが、これらは全部「行事食」です♪

たしかに言われてみればよく食べるものばかりですよね!

ちなみに行事食にはそれぞれ意味があるんです。

例えばおせち料理

おせち料理は、元旦や五節句などの節日を祝うため、神様にお供えし、食べたものを「御節供(おせちく)」と呼んでいたそうです。

それが庶民に広がり「おせち料理」と呼ばれるようになったそうです。

 

おせち料理に限らず、行事食は昔からの縁起担ぎが由来となっているものがほとんどです。

このことからも、日本人にとって行事食がいかに大切であるかが垣間見えますね♪

 

まとめ

今回は行事食や日本の食文化について書いてみました♪

海外の料理も身近にあって、手軽に食べられる現代だからこそ、日本の古き良き時代の食も大切にしたいですね!

それではまた次回の投稿をお待ちください♪

 

◆【モテコン2018】グルメストリートが楽しめるモテワンコンテストの詳細はこちらから♪

  https://mote1.jp/

 

出典:

http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/learn/event.html

http://tg-uchi.jp/topics/3424


PAGE TOP