【モテワン】カフェオレとカフェラテの違いとは!?

2018年4月9日

ご存じでした?カフェオレとカフェラテの違い!

 

こんにちは。

モテワンコンテスト2018 公式グルメスタッフです。

 

皆さんが普段それとなく飲んでいる、カフェオレカフェラテ

どちらもミルクの入ったコーヒーくらいのイメージかもしれませんが、違いをご存じでしょうか!?

 

今回は、カフェオレカフェラテの違いについて調べてみました。

語源の違い!発祥はイタリアとフランス?

カフェ・オ・レは フランスで好まれるコーヒーの飲み方です。cafe(カフェ)はコーヒーのことで、lait(レ) は牛乳のことです。

 

カフェ・ラテはイタリア語の造語で、正確には『カフェ・ラッテ』といい、cafe(カフェ)はコーヒーのことで、Latte(ラテ)が牛乳のことです。

※参考:ウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%AC

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%86

 

語源は違えど、コーヒーと牛乳の組み合わせということには違いはないようです。

 

抽出方法の違い!カフェラテはエスプレッソ抽出の派生したものだった!

 

カフェオレは、通常のコーヒーをドリップ抽出してミルクを加えますが、カフェラテは、エスプレッソ抽出のコーヒーに蒸気で温めたミルクを加えます。

ただ、エスプレッソ抽出してミルクを加えたものにも、温めたミルク(8割)入れたものが『カフェラテ』、温め泡立てたミルクを入れたものが『カプチーノ』、温め泡立てたミルク(少量)が『カフェマキアート』、温めたミルクとチョコレートシロップ入れたものが『カフェモカ』と種類があるようです。

 

参考:http://tg-uchi.jp/topics/4319

 

ミルクとコーヒーの割合の違い!でも…

次は、コーヒーとミルクの割合について調べてみましょう。

カフェオレは、コーヒーとミルクの割合が1:1のようです♪

カフェラテは、エスプレッソとミルクの割合がは、1:4 とミルクが多めです。

参考:http://tg-uchi.jp/topics/4319

 

ただ、一概には言えず、現に近くのコンビニでカフェオレとカフェラテの見たら、ミルクの比率が調べた結果通りではありませんでした。

 

 

まとめ

今回、カフェオレカフェラテの違いについて紹介させていただきました。

違いを知った上で、コンビニで2種類買って飲み比べしたり、カフェで友達と別々に頼んで飲み比べするのも面白そうですね。

 

さて、モテワンコンテスト2018では、グルメストリートが楽しめます。

グルメストリートでは何が販売されるか楽しみですね。

もしも、コーヒーが販売されたら飲み比べてはいかがでしょうか。

当日が近づくにつれて、サイトも更新されていきますので要チェック!

 

そのほかにも、たくさんのおいしいグルメが販売されますので、ぜひお楽しみに!

 

◆【モテコン2018】グルメストリートが楽しめるモテワンコンテストのグルメストリートへの詳細はこちらから♪

  https://mote1.jp/gourmet/

 


PAGE TOP