【モテワン】おとな専用?繁華街で流行しているパフェとは?!

2018年6月26日

シメはラーメンからパフェの時代へ

こんにちは。

モテワンコンテスト2018 公式グルメ スタッフブログ担当です。

 

皆さんはお酒を飲んだあと、なにでシメますか?

もちろんシメない人もいるかもしれませんが、日本でも有数の繁華街・北海道札幌市のすすきのでは、最近一風変わったシメが流行しているそうです。

 

それはみんな大好きなパフェ。

シメにパフェなんて!と意外に思われる方もいると思いますが、その勢いはとどまることを知りません!

実は東京にも続々と夜パフェができるお店がオープンしているんですよ。

6月28日はパフェの日

皆さんはパフェの日があるのをご存じですか?

なんで6月28日なの?って不思議に思ったそこのあなたっ!!

 

ズバリっ!!パフェの日とは「パーフェクトな日」なのです。

もともとパフェの語源は「パーフェクト」から来ています。

完璧なスイーツといったところでしょうか。

 

では、なぜ6月28日がパーフェクトな日なのかというと、、、

1950年のこの日、巨人軍の藤本英雄投手が1人も1塁に走者を出すことなく、9回を投げ切る「パーフェクトゲーム」を日本ではじめて達成したことから、もともとの語源の「パーフェクト」とかけてパフェの日としたそうです。

スイーツと野球のパーフェクトなコラボですね!!

今月の28日はパフェを食べて仕事もプライベートもパーフェクトな日にしてみるのもいいかも♪

おとな限定!おしゃれで魅惑いっぱいのおとな専用パフェ

いくら夜のシメとはいえ大人になってからパフェを注文するのは恥ずかしいと思ったことはありませんか?

そのような方に朗報です!

最近はなんとおとな用のパフェがあるんです!

アルコールが入っていたり、コーヒーを使用していたり、高級チョコレート専門店がこぞって、パフェを発売しています。

なかには夜から営業を開始する夜パフェ専門店もあります。

価格設定も1,000円オーバーと少しお高めなのも大人向けですね。

その料金に見合うだけの価値ありです!

がんばったご褒美に、記念日に、ちょっと高級でおとなな雰囲気満載のパフェにチャレンジしてみませんか?

 

おとな向けのデザートに出会えるかも?

◆【モテワン2018】グルメストリートが楽しめるモテワンコンテストの詳細はこちらから♪

 


PAGE TOP