【モテワン】【キッチンカー】気分は世界旅行!?キッチンカーの料理食べてみた!

 

17種類のキッチンカー、いくつ食べましたか?

こんにちは。

モテワンコンテスト2018 公式グルメ スタッフブログ担当です。

 

モテワンコンテストからはや1週間が経ちました。

今回各部門で優勝された方のなかにはさっそくメディア出演されていたりと、めまぐるしく活動されている方も多いと聞いています。

 

そのような舞台の裏で非常に人気で大行列ができていたのがキッチンカーでした。

全17種類のお店が出店していましたが、どれもおいしそうで目移りしてしまいました。

みなさんは何食食べることができましたか?

今回はそのなかで3つほどピックアップしてお伝えいたします。

激辛注意!!!JULE’S SPICESさんのタンドリーチキン&スパイシー鳥丼

 

こちらは筆者としてはかなりお気に入りの一品でした!

まずはなんといってもそのボリューム感!

キッチンカーや屋台といったお店の料理は少し物足りなさ感じる量かなと思っていますが、JULE’S SPICESさんのメニューはとにかく容器にパンパンに詰まってボリューム満点。

女性ならこれひとつでおなかいっぱいになるのではないでしょうか。

 

また、とにかくスパイシー!

激辛好きの筆者はとても満足の辛さでしたが、あまり辛いのが得意ではない人には辛すぎると感じるかも!

旨辛さの秘訣は、お店の名前にもなっているジュリーさんこだわりの『エビ辣油』にあるとのことです。

辛さのなかに深いスパイスの織りなすうま味が感じられる一品でした。

気分はアジアーン!鶏のうま味が凝縮されたはMR.CHICKENさんの海南鶏飯!

 

つぎに食べてみたのはMR.CHICKENさんの海南鶏飯(ハイナンジーファン)。

東南アジアの庶民の味ですね。

 

作り方はいたってシンプルで、鶏もも肉を茹で、その茹で汁で米を炊く。

あとは米の上に茹で鶏を乗せてソースをかけた料理です。

 

海南鶏飯のソースは主に3種類にわかれますが、今回MR.CHICKENさんで使われていたのはダークソイソースと呼ばれる少し甘めのソースでした。

全体的にさっぱりした味付けのなか、ダークソイソースが部分的に口の中に広がる味のコントラストが最高でした。

またフレッシュなパクチーの風味がちりばめられていたことで、気分はまさにアジア!

とてもおいしくいただきました。

ボリューム満点!JOYSTYLEさんのさんの牛タン丼!

 

3つ目に回ったのは牛串や牛タンを提供していたJOYSTYLEさん。

今回いただいたのはご飯の上に牛タンが乗っかった牛タン丼!

 

たっぷりご飯の上に大きな牛タンが盛り付けられたボリューム感のある一品で、食べ応え十分な牛タンとタレがついたご飯とを一緒に味わえて幸せ!

目の前の鉄板でジュージュー焼いている時からワクワクでした。

こちらもペロリといただきました。

まとめ!

 

いろいろと食べ歩きできるところも、キッチンカーの魅力ですよね。

都内で平日のランチタイムに営業しているところもあるので、ぜひチェックしてみてください。

 

ごちそうさまでした。


PAGE TOP