• あも(採点研究会)

    決勝では皆さんの心に届くような歌を歌えるよう、頑張ります!

  • ゆまぽぃ

    決勝戦も気合い入れて頑張りますので、応援宜しくお願いします!

  • カブ(居酒屋長)

    お店抜けて出場するからにはお土産もって帰れるよう頑張ります

世代を超えた歌の感動を全世界へ!

今回のモテワンコンテストの目玉企画の一つでもあるのがカラオケコンテスト!

シンプルにカラオケで勝負!歌がうまいNo.1を決定いたします!

 

年齢・経歴・ジャンル全て不問!

世の中に発信したい!歌で多くの人を感動させたい!

あなたが望むシンデレラストーリーがここに誕生!

決勝戦、1万人を感動の渦に巻き込むのはあなただ!

エントリー参加費

参加費:一人、1000円

参加資格:年齢性別国籍問わず(未成年の場合は親の承諾が必要になります)

準決勝日程

11月11日

予選通過者人数

準決勝:10名

決勝:3名

通過基準

●準決勝通過基準:ネット投票により上位10名が準決勝に進出します。
●決勝通過基準:カラオケJOYSOUNDの機能の「分析採点マスター」にて採点された得点と審査員3名の採点で上位3名が決勝に進出します。

●ネット予選のランキングは決勝戦で優勝を決める際のポイントにも加算されます!
こちらは順次発表していきます!乞うご期待!

エントリー要項

お好きな楽曲をワンコーラス(最初のサビまで)歌った動画を撮影してください。

動画撮影の際、下記の通りお願いします。

1)
・お近くのカラオケ店で行う場合は、JOYSOUNDで撮影をお願いします。
・撮影時はカラオケの画面映像を映さないでください。
カラオケ店以外で行う場合も、自作曲ではなくカラオケに入っている楽曲での撮影をお願いします

2)

・動画撮影の冒頭で「〇〇(エントリー名),モテワンコンテスト歌王にエントリーします」と宣言する

3)
動画撮影後、YouTubeにアップする際、下記の通りお願いします
・動画内容をよく確認してから投稿をお願いします。
・公開設定は「公開」を選択してください。
・動画の件名の末尾に「歌王」を記載する
例)〇〇(動画タイトル)_〇〇(エントリー名)_歌王
・動画の中で宣言するエントリー名と件名に記載するエントリー名は一致させて下さい
・動画の詳細文に
↓↓
エントリー名 :〇〇
マイページURL:http://〇〇〇〇
モテワンコンテストHP:http://mote1.jp
モテワンコンテスト歌王
↑↑
と記載してください

4)
・動画投稿が完了し、公開されていることを確認したらエントリーページからエントリーを開始してください。
・YouTubeの規約に則ってエントリーお願いします
・エントリー期間中は何回でも動画再アップロード可能です

コンテストスケジュール

エントリー・ネット投票

予選は7月からスタート!

自身の歌声を動画に撮影してエントリーしてください。

年齢・楽曲・ジャンルは不問です。

Youtubeでワンコーラス以上の動画を投稿してエントリー!

専用サイトでのネット投票で勝ち残り準決勝へ進め!

準決勝

11月に都内会場にて開催致します。

ネット予選を勝ち進んだ方は、都内ライブハウスにて開催の準決勝のステージで生でパフォーマンスしていただきます!

審査員票を獲得し決勝戦、決勝の幕張のステージへ進め!

決勝戦

12月2日に開催される決勝ステージ幕張メッセにて

集まった来場者、ネット生放送の視聴者、審査員が審査!

世代を超えた真のNO.1を決めます!

アンバサダー

  • 歌王〜SING KING〜カラオケNo.1決定戦
    							

    ゆう十

    動画投稿サイト【ニコニコ動画】をメインに活動をしている歌い手。
    様々な“歌ってみた”動画が公開されているが、なかでもピアノと歌だけというシンプルな動画が特に人気があり、
    甘く優しい安定した歌唱力が評価を得ていて、「ピアノVer.の貴公子」とネット界では名を馳せている。
    ライブ以外でのネットや雑誌などでの顔出しはしておらず、必ずかぶっている帽子がトレードマーク。
    また、VOCALOIDを使用したオリジナル曲を投稿するなど楽曲制作者としての一面も持っている。

審査員

  • 歌王〜SING KING〜カラオケNo.1決定戦
    							

    木山裕策

    大阪府出身のアーティスト。2008年2月6日「home」にてメジャーデビューオリコン最高位 7位を記録。組織検査の結果、悪性の疑いから2005年に左側の甲状腺を全摘出。その際、医師より「手術後に声が出なくなる危険があること」を告げられる。その際「手術の後にもし声が出るんだったら、絶対もう一度歌ってみよう。」と思う。手術は無事成功。手術後は声が出しづらい状況が続いたが、日々の訓練の結果、半年後には歌うことができるまでノドは回復。その嬉しさから、「自分の声をCDに残して子供達に聞かせてあげたい!」と改めて決意し『歌スタ!!』に挑戦。子供達には”大人になると良いことがあるよ”という部分を見せていこう、という木山夫婦の子育て信条を改めて思い出し、最後まであきらめない姿を子供に見せようと、木山はハンター多胡と一緒に最終プレゼンへ挑戦することを決意。

  • 歌王〜SING KING〜カラオケNo.1決定戦
    							

    古川光久

    POPS,ROCKをはじめとし特にSOUL,FUNKに通じ、ジャンルを問わない様々なセッションやバンドの経験をもとに、AREIA MUSIC COUNCIL, NOA VOCAL ACADEMY(現VOAT)など数ヵ所でヴォイストレーニング,ヴォーカル ディレクションをする。現在では自らのバンドやユニット、コンポーザーとして活動、作詞・楽曲 提供、avex artist academy ヴォイストレーナーとして数多くのアーティスト・タレント・レッスン生に指導をしいる。

  • 歌王〜SING KING〜カラオケNo.1決定戦
    							

    高橋真由美

    東京音楽大学声楽科卒業。大学在学中にオペラデビュー。数多くの舞台 コンサートに出演。
    バークリー音楽院 ガブリエル・グッドマン師事。Music/Vocals R&B Pop/Rock Vocalsを学ぶ。
    三代目 J Soul Brothers、今市隆二、後藤真希、lol、FAKY、Da-iCE等、日本にとどまらずアジアのアーティストのボイストレーナーとして歌唱指導。

  • 歌王〜SING KING〜カラオケNo.1決定戦
    							

    岩永史弥

    東京藝術大学音楽学部卒業。デジタルプロデューサー。ニッポン放送入社後、編成部を経てデジタルソリューション部(現職)に。ウェブコンテンツの企画・制作を担当する傍ら、次世代の才能を発見すべく邁進している。

開催中のコンテスト