おすすめブログ

ビジネスシーンにも冠婚葬祭にも幅広く使える高品質の革靴|KENFORD シューズ

リーガルの弟分!ケンフォードの靴がオススメ

リーガルの弟分として有名なKENFORD。幅広く活躍できるシューズが、お手頃価格で手に入ります。
リーガルは確かに良いものだけど、ちょっとお値段が…なんて人には、KENFORDの革靴がオススメです。

使ってみると軽くて丈夫で実用的。
雨の日にも強く、ビジネスシーンで安心して使えるフォーマルさがあります。つかい勝手、値段、品質のバランスがそろっていて大満足です。

リーガルとの違いは、靴底の接合部分。
縫い合わせをしているリーガルの靴に対して、KENFORDは接着剤で接合されています。
ですが、リーガルの靴に決して見劣りしないスタリッシュさと機能性を持ち合わせた1足と言えるでしょう。

1足は持っていて間違いのない、KENFORDのビジネスシューズです。

フォーマルなストレートチップで冠婚葬祭から就職活動まで

つま先に横ストレートのラインが入った黒のストレートチップは、靴業界のなかでは“最もフォーマル”と言われていて、さまざまなシーンに使われています。

見た目はつま先の付け根のあたりに、横に一直線の縫い目があることが特徴。
冠婚葬祭から就職活動にもつかえるので、1足は持っておくと便利です。

硬めな印象がありますが、フォーマルな場所では迷ったらストレートチップにしておけば、間違いないですね。

内羽根と外羽根

革靴には内羽根式と外羽根式があることをご存知でしょうか。

内羽根式は、紐の折り返し部分が見えないようになっているため、よりシンプルになっていて、フォーマルを着る時はこちらです。

外羽根式は、横一直線の縫い目からつま先にかけては、靴にしわが入ることがなく、長く履いてもきれいな形状が保たれるようになっていて、ビジネスシーンで使われます。

革靴って奥が深くて、不思議な魅力がありますよね。

良いものを長くつかっていくために、お手入れも大事です

革靴は、ちょっとした手入れをするだけでキレイに長くつかっていけます。

手入れは手間と時間掛かって難しくて大変そう、と抵抗のある人もいるかもしれませんが、意外と簡単なんです。

簡単なお手入れ方法は、濡れた布でホコリを落として、クリームを付けたブラシで全体に刷り込ませ、磨くだけです。
慣れれば5分くらいでできます。

履かないときは、シューキーパーや丸めた新聞紙で形を整えて、1日休ませるとより良いんです。

「頻繁に使うわけではないけど、しっかりした靴が1足欲しい」
「初めての革靴なので、扱いやすい手頃なものが欲しい」
「安物の靴からステップアップしたい」「2番手の靴が欲しい」

高い品質と、手に届きやすい値段で、色々な方におすすめできる、KENFORDのストレートチップの革靴です。

商品概要

美しい艶感と、幅広3Eウィズのストレートチップ、フォーマルな席、就職活動におすすめの革靴です。あらゆるビジネスシーンにマッチするスタンダートな黒色の、レースアップの靴紐になっています。

素材は、甲革がガラス・アドバン仕様で撥水加工処理を施していて、底材はオリジナルラバーソールを使用。製法はセメンテッド式を用いて、扱いやすい革靴です。

メーカー名:株式会社リーガルコーポレーション
商品名:KENFORD シューズ

Recommend
No articles