おすすめブログ

愛され続けて90年以上。お菓子の代表!|元祖柿の種

柿の種、日本でこのお菓子の名前を知らない人はほぼいないでしょう。甘辛くてポリポリつまめる米菓、柿の種。お酒のつまみにもよし、お茶請けにもよし、子供のおやつにも良し、幅広いシーンで愛されるおかしです。ピーナッツが入っているので柿の種の甘辛さが中和されて、ますます止まらなくなってしまいます。

広く親しまれている柿の種、「元祖柿の種」って、どういうこと?と思ったのが購入のきっかけです。調べた情報も交えて、魅力をお伝えさせていただきます。

なぜ「元祖柿の種」なのか?

元祖柿の種!実は、浪花屋創業者のちょっとした失敗がきっかけで生まれた商品です。
柿の種が生まれたのは大正12年!90年以上の歴史があります。
創業者の今井與三郎氏があられを作るための小判型の金型を誤って踏んづけてしまい、歪んでしまいました。
その歪んだ金型が柿の種に似ている、との出来事をヒントに「元祖柿の種」が生まれたそうです。
ちなみに「浪花屋」の名か前は、大阪の「あられ」つくりを取り入れたことに由来しているそうですよ。
会社の名前からも、製法や伝統を大事にしている姿勢が伝わってきて、とても好感が持てました。

元祖柿の種のこだわり

もともとは「あられ」から派生して作られたもので、「もち米」を使う事にこだわりを持っています。また、ピーナッツは国産のものを使用しています。国産にこだわりたい方にとって嬉しいポイントですね。また、配分はピーナッツよりも柿の種の方が多く入っており、元祖と言われる柿の種そのものを思う存分に楽しめます。
個人的には懐かしさを感じるパッケージもイチオシポイントですね。古き良き日本の農村風景がイラスト化されており、「元祖柿の種」が大事にしているこだわりや素朴さが表現されているように感じます。その一方で、中身は個包装されており、小分けに食べられる利便性も大事にしているのがいいですね。

創業者のこだわりや柿の種の生い立ちに想いを馳せながらつまむ柿の種も、趣深くていいなと感じました。
おやつに、お酒のお供にも!様々なシーンでぜひお役立てください。会話もきっと盛り上がるはずです。

商品概要

伝統の味、元祖浪花屋の柿の種と国産ピーナッツ!食べきりサイズ
・内 容 量 :190g(分包10袋詰)
・賞味期限 :商品の裏面に記載
・保存方法 :直射日光や高温多湿の場所を避けて保存して下さい。
・原 材 料 :もち米(国産)、ピーナッツ、米(国産)、でん粉、醤油、植物油脂、でん粉分解物、食塩、還元水あめ、風味調味料、唐辛子、加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、紅麹色素、パプリカ色素、乳化剤(原材料の一部として、小麦、大豆、鶏肉、さばを含みます。)