おすすめブログ

曲がるストロー クロ

すっかり私たちの生活に根付いているストロー。近年、そのタイプは勿論、色にも幅が広がっていることにお気づきでしょうか。よく見かけるのはスタンダードな白、マクドナルドなら赤白黄色。ちなみにスタバやドトールのストローが緑なのは、かつてドトールが目立たせるために緑にしたのが発端なのだとか。

黒いストローも捨てたものではありません。可能性を追求した「曲がるストロー クロ」。黒いストローの良さをご紹介しましょう。

思いやりの黒ストロー

黒、というとあまり良いイメージを持たない人も多いかもしれません。
入れ物が透明でなければ何を飲まされているのかわからないし、ブラックコーヒーに黒ストローなんてあまりにも味気ない。

逆にそれがメリットになっているんです。実は黒ストロー、近年密かに増え続けているその理由は、ストローの中が見えないから。

ストローの中を液体が通っていく過程が見えないのが、エチケットとして良いとする考えがあるようです。
また、口紅がストローについても見えないので、汚い感じになりません。
周りの人がみてどう感じるか、思いやりの表れなんですね。

高級感を演出できる

黒いストローを主に使っているのは喫茶店やバーなどオシャレなお店。
そう、黒いストロー1つでも雰囲気は変わるのです。

白いストローでは演出できないものや、ストライプ柄だとまた違うものを連想してしまいそうですね。
実際黒って、クールでオトナなイメージもありますよね。落ち着いたトーンの色で高級感を演出したいそんなオシャレ気分を楽しみたいアナタにぜひ。

黒いストローはつかえる

果たして、ストローの用途は飲むだけでしょうか。

ところがどっこい、ポリプロピレンでつくられたストローは水や薬品に強く、なかなかに丈夫。ちょっとした工作にとても便利なのです。

日常のちょっとした防水アイテムとして、アウトドアのお供にもぴったり。ちょっとした知恵で、水に濡らすわけにはいかないマッチや着火剤を入れる容器に早変わり!

やり方はとても簡単で、ストローの先端をちょうどいい長さに切って、熱を加えるだけです。ライターでペンチを炙って挟むとピッタリと密封できちゃいます。

また、ストローを自由なアイデアで魅せる“ストローアート”というものも人気があるようです。気になる方はぜひ調べてみてくださいね。
残ったストローを使って、サプライズができてしまうかも!

高級オシャレ感の出る黒いストロー。使い方はたくさんありそうです。いろいろと試してみてはいかがでしょうか?

商品概要

喫茶店やバーでよく見かける、黒いストロー。実は、現代の日本人にピッタリの品物だと知っていましたか?
黒いストローは口紅がついてもわかりにくい、飲んでいる中身が見えない、などの周囲に配慮した利点に加え、高級感も演出できるのです。
いつもと一味違うひと時をアナタに。

メーカー名:ヘイコ
商品名:曲がるストロー クロ

Recommend
No articles