【キャンパスノート B5 5mm方眼】デキるビジネスマンが好む方眼罫。使いこなして業績アップ!

累計トータル26億冊突破!5mm方眼は様々な方から愛される

「コクヨ Campus(キャンパス)ノート」は、1975年(昭和50年)の発売から2014年(平成26年)の39年間でなんと累計約26億冊を出荷している圧倒的なブランドと地位を確立しているノートです。

実は、このシンプルなノートにこだわりが盛りだくさんなんです。

ノートといっても様々な規格はありますよね。サイズはもちろん、罫線の幅や無地なのか。そして、方眼なのか。今回紹介するのは、5mm方眼のノートなのです。

あなたはどのノートを選ぶ?!方眼のメリット

ノートのこだわりは、人それぞれで正確が出ますよね。通常の罫線のノートがいいと言う人もいれば、逆に線が邪魔だから、無地がいい。1ページをより細かく区分けしたいから方眼がいいなど、多いです。

デキるビジネスマンが好んで使うのが方眼ノートで、文章を書くだけでなく、図を描き、補足することもあれば、区切ってテーマごとに書き出して整理するという使い方もできます。

方眼ノートは、横使いもできてしまうから、使い方の幅も広がっていくのです。まさに、使用者に合わせたノートと言えるでしょう。

Point1:環境に配慮しているノート

健全な森林を守るために「適切な森林管理が行われているか」「持続可能な森林経営が行われている森林か」などを世界的な基準で審査する森林認証制度があります。【キャンパスノート】はこの認証制度で認証された紙のみを使用しています。とことん配慮しているんですね。

Point2:環境に配慮しつつ快適な書き心地を追求したコクヨオリジナル原紙

【キャンパスノート】は、書きやすさは絶対損なわずに、環境に配慮した原紙を開発、採用しているとのこと。中紙には、筆記具での書き心地やにじみにくさなどを良くするため、再生紙を使わず、適切に管理された森林のパルプから作られた「森林認証紙」を使用。

また、パルプ使用量を出来る限り少なくしながら、紙の不透明度や表面の滑らかさなどの品質を厳しい基準で管理することにより、書きやすさとの両立を実現させている特別なノートなんです。

Point3:部材ごとに最適な「原材料の選択」

【キャンパスノート】は森林保護、CO2削減・リサイクル等につながる材料を適切な場所に使用しているのです。
中紙は、筆記性を優先するために「森林認証紙」を使用。
表紙は、リサイクル性を優先、「古紙パルプ配合の板紙」を使用。
細部へのこだわり具合が半端ないですね。

Point4:丈夫で機能的な背クロス

【キャンパスノート】は破れや、擦り切れにめっぽう強いんです。
それは、紙の表面に特殊フィルムをラミネート加工したクロスを使っているからで、破れやすり切れに強く、最後まで美しく使えるところが最高です。

さらにん背クロスにタイトルを書くと、ノートを棚に並べて置いている時、目的のノート取り出すのに非常に便利です。キャンパスノートの背クロスには表面加工が施されているので、ボールペンなどでの筆記が可能です。また、書いた文字が分かりやすいよう淡い色を採用しています。

Point5:無線とじ製本で使いやすさ倍増

【キャンパスノート】は、途中でページを破ってもばらけないし、ページがフラットに開くんです。
厚みも意識していてかさばりにくいという、使う人のことばっかりとんでもないレベルで思いやってつくられているんです。

方眼罫のため、画数の多い細かい文字もよりくっきりなめらかに書くことができます。
几帳面なあなたにオススメの一冊です。

商品概要

【商品名】
コクヨ キャンパスノート 用途別 B5 5mm方眼罫

【サイズ】
179×252×18mm

【規格】
6号(セミB5) 

【罫内容】
5mm方眼罫(10mm実線入り)

【枚数】
30枚×5冊セット

Amazonで購入

Recommend