おすすめブログ

消せるは便利!デフォルト3色でも自分好みの色も。慣れたら手放せない3色フリクション

便利な3色ボールペン!便利なフリクション!

書いても消せるフリクションの、さらに便利な3色ボールペンです。これ1本あれば、たいていの書き物には困りません。

このタイプはボールが0.5mmです。他には0.38mmもあるのでお好みで選ぶと良いかもしれません。0.5mmは0.38mmと比べて、よりサラサラに書くことができますし、線が若干太いので、少し離れても見やすい文字を書くことができます。

ベーシックな3色で、ブラック、レッド、ブルーの3色です。色は他にもたくさんあるので、替え芯を入れ替えて自分オリジナルの3色ボールペンをつくるのもの楽しそうですね。

3色ボールペンのデメリットとして、すぐにインクがなくなりがちなのが気になるところです。細身のボールペンを保つにはどうしようもないことかもしれません。

私はよく使うブラックの単色フリクションを買って、たまに使うレッド、ブルーを使う時に3色ボールペンを使っています。また、単色ボールペンは筆箱に入れておいて、持ち運びには3色ボールペンと使い分けると、3色ボールペンのインクの少なさがほとんど気にならないので、おすすめです。

やりすぎ!?10万回の繰り返し試験を乗り越えたクリップ

フリクションボール3は、クリップの耐久性能もすごいんです。10万回の繰り返し試験に耐えたということです。1日10回挟んでも、10万回挟むには27年かかるので、やりすぎな気もします。

一見普通のクリップに見えますが、そんな隠れた機能があるとは……。昔、クリップが壊れた部分が鋭利になっていたけど、「もったいないから」とそのまま使っていたら、怪我をした経験がある私にはとってもうれしいです。

調べてみるとパイロットさんは、クリップの耐久性にこだわってるものが、いくつかあるみたいですね。さすがは大手文具メーカーです。

長く愛され続けてるパイロット社

『パイロットは、あなたの「書く」を支えています。』
という理念のもと、フリクションボール3も製作しているパイロット社は、様々な文具を世の中に売り出しています。

会社案内には、

 およそ百年前、
 ひとりの船乗りが、
 世界に誇れる万年筆をつくろうと思い立った・・・
 彼が挑んだ”紙の上の冒険”
 それが私たちの始まりです。

とあるように、船乗りが起ち上げた会社だそうです。
だから会社名が「パイロット」なのですかね?

ともあれ、長く愛されて、それだけ多くの価値を提供しているパイロット社の歴史に恥じぬ、大きな価値を生み出しているフリクションボール3。
いつも大満足で使っていて、もう手放せません。

商品概要

メーカー:パイロット(PILOT)
製品名:フリクションボール3 038
品番:LKFB-60EF
価格:600円+消費税
種類:多色ゲルインキボールペン
サイズ:最大径φ 13.8mm 全長 145mm
ペン先:極細 0.5mmボール
方式:スライドレバー式
インキ:フリクションインキ
インキ色:黒・赤・青

【メーカーホームページ】

Amazonで購入

おすすめ