クリスタルガイザーまとめ買い48本!軟水で日本人好みな口当たりと味

クリスタルガイザーは、日本人に飲みやすい軟水のミネラルウォーターです。

7つの国立森林公園保護区からなるシャスタ・カスケード・リジョンは、世界でも有数な自然保護区の一つ。そのカリフォルニア州の山々を水源とするアメリカ生まれの天然ミネラルウォーターがクリスタルガイザーです。その中でも、並行輸入品のクリスタルガイザーは、オランチャの湧水を使用しています。

なぜ、クリスタルガイザーを選ぶのか! 水にも様々な違いがあるんです。

硬水と軟水の違いは?

水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を数字で表したものを「硬度」と言います。
基準はありますが、カルシウムとマグネシウムが多く含まれているものが硬水、少ないものを軟水と呼んでいます。またどちらにも含まれない中間の水もあります。日本の水道水は軟水なので、日本人は軟水のが飲みなれている方も多いですね。

水道水とミネラルウォーター

そもそも水なんて水道水でいいじゃないかと思う方もいるかもしれません。海外と比べても、日本であれば水道水を安全に管理されているので、そのまま飲んでも大きな問題にはなりません。ただ、なぜ日本の水道水が安全かといえば、塩素消毒を行い殺菌しているからです。そのため、地域にもよりますが水道水のカルキ臭が気になる方もいるかと思います。

また、安全に管理されている水ではありますが、塩素が人間の体にとっては安全だとは言い切れません。その点、ミネラルウォーターであれば安心して飲むことができます。

赤ちゃんにも安心!

敏感な赤ちゃんのお水選び。クリスタルガイザーであれば安心して使えます。赤ちゃんへのミルクを作るときに、アメリカ産など海外のミネラルウォーターは使ってはいけない、国産のものにする必要があると言われたりします。しかし、正確には軟水であることが大事で、国内外問わず水に含まれているミネラルの量を考慮する必要があります。その点、クリスタルガイザーは基準を満たしているので赤ちゃんにも全く問題ありません。

様々な利用シーンのクリスタルガイザー

そのまま飲み水としてはもちろん、様々なシーンで使えます。例えば、お米を炊くときのお水一つで味が変わります。炊くときのお水だけでなく、研ぎ始めの最初のお水もクリスタルガイザーでやってみると味が変わります!

捨ててしまうお水なのでもったいない気もしますが、美味しいごはんのために一度やってみる価値はありますね。

他にも、水そのものの味を楽しむようなかき氷は違いを感じやすいですね。
また、コーヒー・紅茶やスープ・味噌汁など味はついてますが、そのまま飲むようなものもちょっとしたちがいでも風味に違いがでてきます。
水道水を使っていたものをクリスタルガイザーにこだわってみると、今まで以上の美味しさを体験できます。

特に地方から東京に出てきた方は、美味しい水が恋しいのではないでしょうか?
私自身も地方出身で水がキレイで美味しいところだったので、東京に来てから髪を洗った後や、料理の味に違和感を感じ水道水が地方によって違うことを体感しました。

地元にいた時と同じカップラーメンを同じように作っているのに前より美味しく感じないなど思い当たるところがあれば、一度料理に使う水を水道水からクリスタルガイザーに変えてみてはいかがでしょうか?

商品概要

【内容量】
500ml

【100ml当たりの栄養成分】
 エネルギー:0kcal
 たんぱく質:0g
 脂質:0g
 炭水化物:0g
 ナトリウム:1.13㎎(食塩相当量:0.003㎎)
 カルシウム:0.64㎎
 マグネシウム:0.54㎎
 カリウム:0.18㎎
 バナジウム:5.5㎍/100ml(硬度38mg/L、軟水)

Amazonで購入

Recommend