【evian(エビアン)】イケメンは選ぶものもモテる!アイドルグループ甘党男児「神久保」がおすすめ

ヒトの体の約60~70%は水である。とよく言われます。身体の半分以上を占める水について、どれだけの人がこだわっているのでしょうか?

私が小学生の頃は、水道水をがぶ飲みしていましたが、最近ではミネラルウォーターを買うようになり、種類も様々なため、好みの違いも出てくるのではないでしょうか。

日本に上陸して30年以上経つ「evian(エビアン)」も多くのファンを抱えるミネラルウォーターです。長年愛されているエビアンを、モテワンコンテスト2017の商品紹介のコンテスト「バズコン」のプロモーション動画として使われています。出演しているのは、昨年のモテワンコンテスト美男部門優勝者の神久保翔也(じんくぼしょうや)さん。今回、バズコンと昨年の優勝者とのコラボということで実現しました。

彼が語るエビアンの魅力は何でしょうか。

アイドルグループ甘党男児「神久保」が語るエビアンの魅力は、バズコンのトップページで

甘党男児「神久保」が語るエビアンの魅力!出会いは高校時代

神久保さんは、アイドルグループ「甘党男児」のたい焼き担当として活動しており、ラーラーぱどの掲載や美酒活フェスなどで見たことある!という方もいるかもしれません。

彼とエビアンとの出会いは、高校2年生のときだそうです。軟水と硬水の間のエビアンは、喉を通る時の存在感が好きと語ります。確かに、軟水はさらりとしてて、ごくごく飲めますが、エビアンは水のありがたみが感じられます。ミネラル分の味も深く、常温ではより水の味が。キンキンに冷やした時の美味しさは、まるで湧き出た水をそのまま飲んでいるかのよう。

サイズの種類も豊富で、よく見る500ml。家で大活躍する1.5リットルや持ち運びやすい330mlのボトル。瓶詰めボトルのものもあるため、自分の好きなサイズのを選べます。また、パッケージもおしゃれで、ディズニーコラボもあって、ファンにはたまらないですね。

エビアンについて、もっと知っていくともっと好きになっていきます。

エビアンの産地はどこ?自然の恵みをそのままボトリング

エビアンの産地は、フレンチアルプスにあります。ヨーロッパ圏では、人口加工を行わず無殺菌でつくられた水のことをナチュラルミネラルウォーターと呼んでいます。その代表的なものが、フランス発のエビアンです。ヨーロッパの高い基準をクリアしたナチュラルミネラルウォーターです。

どれくらい水を使う?!身体に飲むのもこだわりたい

生活に欠かせない水は、古くから人々の手に届く場所に設置されてきました。

地下水、井戸水、水道水、などなど。体重60㎏の成人男性は、1日に2,500mlの水分を排泄するそうです。ということは1日に必要な水分摂取量は同じく2,500ml。食べ物などからでも摂取できますが、多くの水分を水道水などから摂取してきたわけです。

しかし、近年、水道水に関しての情報が出回り、安全性も疑問に思われるようになってきました。飲み水としては、ミネラルウォーターを選び、より安全を求めるようになりました。

神久保さんも「人間てからだがお水でできるじゃないですか。そのお水をしっかりいいものでとってあげる」と、いい水をとることについて意識しているそうです。

ミネラルウォーターのちょっとした歴史

日本で最初にミネラルウォーターが発売されたのは、1884年のことだそうです。当時は自然の炭酸泉を瓶詰めしたものだったとか。対してヨーロッパでは、2000年以上も昔から「奇跡の水」として湧き水を飲む習慣があったと言います。

石灰岩地帯が多いことから地域によっては硬度が高く飲めなかったことから、17世紀ごろから美味しい地域の水を瓶詰めして販売することが始まったそうです。
もちろん日本のミネラルウォーターも日本人特有の几帳面さから安全面には定評がありますが、含有成分に対する危機意識の高さ、基準はEUの方が断然上!厳格な基準による管理をした上で、人口加工を行わず無殺菌でつくられた水をヨーロッパ圏ではナチュラルミネラルウォーターと呼んで販売しています。代表的なものがフランス発のエビアンです。

世界が認める大自然

エビアンは、ヨーロッパにおいてナチュラルミネラルウォーターに分類されます。CODEX(食品規格委員会)の基準を満たした自然の水のみをナチュラルミネラルウォーターと呼びます。

フレンチアルプスから採水地エビアン・レ・バンまであらゆる汚染から保護された環境で磨き上げられた、人の手を一切加えていない、本当の意味での「自然の水」。特にヨーロッパの成分に対する基準は他国に比べて厳しく、その安心感とわかりやすさから世界の約130か国で愛されています。

硬水なのに飲みやすい?!

日本の水道水は硬度が低いので、日本人の多くは軟水の味に慣れていることと思います。

海外の製品に漏れず、エビアンは硬水に分類されますが、軟水と硬水の間くらいの味で日本人でも飲みやすいと高評価!(ただし、赤ちゃん用の粉ミルクは軟水に合わせて作られているので硬水は不向きです)エビアンは長く自然の中で蓄えてきた天然ミネラルに加え、カルシウムとマグネシウムが3:1という人間の体に取り込むのに最適なバランスで含まれています。

現代人の体に不足しがちな成分を最適な量で取り込めるのが、味を美味しくさせている一因かもしれません。天然由来ならではのクオリティです。神久保さんも、飲んだ時に喉まで届く水の存在感を感じるところがエビアンの魅力とのことです。

トレンド発信!まさかの再利用

エビアンは日本に上陸して30年。「お金を出して水を買う」という常識を浸透させるのに大いに活躍しました。オシャレなデザインが魅力的と神久保さんも言っています。「近年ではボトルも可愛いディズニー柄が発売されたり、そのスタイリッシュなデザインからDIYに活用する女性も増えている」のだとか。柔らかいボトルなので、ペン立てなど小物入れに加工しやすいですよね。新たなリサイクルの可能性を広げてくれる、どこまでも人と環境にやさしいアイテムです。

男性にも女性にもオススメ!

神久保さんのように甘いものが大好きな方や、健康にも気をつけていきたい方にはぴったりなミネラルウォーター。そのまま飲んでも、スイーツや食事と飲んでもおいしいエビアンじゃ、本当に健康を気をつけたいのなら愛用してみる価値ありです!

商品概要

evian(エビアン)は伊藤園から販売されているフランスが原産地のナチュラルミネラルウォーターです。人の手が一切加わっていない天然水のことを、フランスではナチュラルミネラルウォーターと呼ぶそうです。日本では軟水が多い中で、エビアンは鉱泉水なので、軟水と硬水の間なので飲みやすい。カロリーはもちろん0kcalですが、カルシウムやマグネシウムなど、ミネラルのバランスもちょうどよく健康に気をつけたい方にはぴったりです。

Amazonで購入


Recommend