おすすめブログ

気候、水、土に恵まれた米 | 島根県仁多郡産 仁多米こしひかり

仁多米(にたまい)とは?

島根県仁多郡奥出雲(おくいずも)町で収穫される稲のブランドです。
日本穀物検定協会の米食味ランキングでは、西日本で唯一「特A」を獲得しました。 高評価の良質米で、「東の魚沼コシヒカリ、西の仁多米(にたまい)」とも言われています。

米にとって好条件な環境

山陰地方の日本海側気候で、標高300~500mの棚田は、米のでんぷん蓄積量も大きく、タンパク質が増えないという良食味の生産条件が整っています。
これは、籾殻の中で米が育つ登熟期(とうじゅくき)には、昼と夜の気温差である日較差(にちこうさ)が大きいため、昼に蓄えたでんぷんが夜に消耗することを抑えられることが理由です。
また、夏期の日較差が大きいため、病害虫の発生が少ないという好条件にも恵まれています。
水源は、雪解けの花崗岩(かこうがん)からミネラル分が豊富な岩清水が豊富に湧き出ています。
お米500~600kgを作るために、収穫するまでには150トンもの水を必要とすると言われています。
たくさんの水を必要とするお米だからこそ、水は重要です。 土壌は、和牛飼育が盛んのため、堆肥(たいひ)投入による、有機質豊富な昔ながらの土づくりが行われています。
このように、仁多米(にたまい)はとても恵まれた環境で作られています。

大自然で作られた美味しさを毎日の食卓に

上記のように好条件でできたお米の炊きたての美味しさといったら、想像しただけでも食欲が増してきそうですよね。
家族や友人と美味しさを分かち合いながら食べると一層味わい深いものになるでしょう。
冷凍保存しておいて、必要な時にすぐ食べられるようにしても便利です。
お米が美味しいと、毎日の食事がより楽しくなること間違いなしですね。

商品概要

島根県仁多郡奥出雲(おくいずも)町で収穫されるブランド米である「仁多米こしひかり」。
気候、水、土にという良質味に好条件な環境に恵まれて育ったお米は、日本穀物検定協会の米食味ランキングで、西日本で唯一「特A」を獲得しました。
日本人の多くの食卓に出てくるお米。
美味しいお米で普段の食事も更に楽しんでみてはいかがでしょうか。

メーカー名:奥出雲仁多米株式会社
商品名:島根県仁多郡産 仁多米こしひかり
内容量:5kg

Recommend