【モテワン公式生放送11月1週目】HBBネット二次予選は激戦!幕張への切符を掴んだのは誰だ?

2017年11月22日

みなさん、こんばんはーー!
モテワンブログ担当です。

 

本日のモテワン生放送は、HBB(ヒューマンビートボックス)のネット二次予選です。
自らが音楽となって感動をつくる世界一のビートボクサーを決める、今年の新種目『ヒューマンビートボックス(※)』。

 

二次予選はなんと、日本を代表するビートボクサーのTATSUYAさんとAFRAさんに審査いただきます!!

 

残念ながらAFRAさんは番組にお越しいただけませんでしたが、
ピンチヒッターとして女性ビートボクサーの姫乃稜菜さんがいらっしゃいました!

 

 

はじめにTATSUYAさんと姫乃さん、お二方が呼び込みのタイミングで即興のヒューマンビートボックスを披露!
番組内のテンションもかなり上がりました。

 

そしていよいよ、審査タイムへ。
TATSUYAさんが審査するのは、一次予選を通過したランキング上位20名。

 

TATSUYAさんから、今回の選考基準となる「音楽性」「オリジナリティ」「スキル」「パフォーマンス力」について説明いただきました。
さあ、ヒューマンビートボックスの最前線に立つお二方の心をつかみ、幕張への切符を掴んだ挑戦者は……!?

 

RYOEM・・・ランキング1位

テレビにも音源を提供しているという高いスキルで、音楽に奥行きと切れの良さを出しています!

KAIRI・・・ランキング2位

演出された空間と高い音楽性が混じり合う圧倒的実力!
日本ヒューマンビートボックス協会主催 JBC(ジャパンビートボックスチャンピオンシップ)で、元日本チャンピオン!

DORE・・・ランキング3位

小学6年生とは思えない存在感とスキル!
オリジナリティーをしっかりもった期待の新星!

T2・・・ランキング4位

もはや楽器にしか聞こえない!安定した基礎音で繰り出す音楽は、まさに芸術!

BATACO・・・ランキング5位

アジアビートボックスチャンピオンシップ2017優勝!
アジア王者のつくりだす、引き込まれるようなオリジナリティー溢れる音楽と空気感はとにかくかっこいい!

KAJI・・・ランキング6位

高いパフォーマンス力で、聴く人を巻き込む臨場感!耳に残る厚みのある音質はもはや人間を超越する域!

TATSUAKI・・・ランキング17位

日本ヒューマンビートボックス協会主催 JBC(ジャパンビートボックスチャンピオンシップ)で、現日本チャンピオン!

MiZ・・・ランキング18位

聞いていて気持ちのいい安定感とともに、踊りだしたくなるようなリズムと疾走感!

 

8名の方々、二次予選通過おめでとうございます!

 

放送でもTATSUYAさんが仰っていましたが、
どの方も素晴らしいスキルを持ち最高のパフォーマンスをされていました。

幕張で決勝の舞台に立つには申し分ない素晴らしい方ばかりです。
TATSUYAさんの評価の詳細は、後日アップされるダイジェストでご確認くださいね。

 

最後、MC高田さんからの無茶ぶりのお願いにより、TATSUYAさんと姫乃さんがヒューマンビートボックスのコラボレーションを即興で披露してくださいました。
楽器なしで自ら音楽を生み出すって、本当にかっこいい!!生で聴きたい!!
決勝戦は絶対に幕張で聴かなければ……!!

 

次回は11月8日。
バズコンの最終選考日です!!

 

みなさん、見逃せないですよ~〜〜!
また来週お会いしましょう♪

 

※ヒューマンビートボックス
人間の発声器官を使って音楽を創りだす、音楽表現の形態の一つ。略称はビートボックス、あるいはHuman Beat Boxという英語の頭文字を取ってHBBと略字で表記する場合もある。演奏者は、ヒューマンビートボクサーあるいは、単にビートボクサーと呼ばれる。

▼モテワンコンテスト公式生放送11月1週目ダイジェスト


PAGE TOP