【モテワン】TOP1コンテスト審査員に数多くのバラエティ番組を生み出している「伊藤P」伊藤隆行さんが決定!!

2018年6月25日

深夜枠の斬新な企画などに果敢にチャレンジし続けている!伊藤Pがモテワンに参戦!!

こんにちは。

モテワンコンテスト2018公式スタッフブログ担当です。

 

6月も後半に差し掛かり、準決勝進出をかけての投票も熱く盛り上がってまいりました!

 

今回は、新たにお笑いTOP1グランプリの審査員を務めていただくことが決定した『伊藤隆行さん』について、紹介します。

 

itotakayuki01

 

伊藤隆行さんってどんな人?

伊藤さんは、テレビ東京に報道番組担当として入社しながら、バラエティ番組を数多く立ち上げて名物プロデューサーとして話題になっている方です。
「目標は、3歳の息子さんにちゃんと見せられる番組をつくること(2010年当時)」というすてきなお父さんでもあります。

 

皆さんもご存じのところでいうと、深夜番組の「やりすぎコージー」をヒットさせ、同番組は月曜日21時のゴールデン枠に移動するという異例の出世となりました!

また、2007年から10年以上つづく「モヤモヤさまぁ〜ず2」などをヒットさせたのも伊藤さんなのです。
時折「伊藤P」としてご本人が出演もしています。

 

参考:「モヤさま」の「ユルくてマジメ」な舞台裏東洋経済オンライン

 

最近では、2017年から「池の水ぜんぶ抜く」というシンプルだけど誰もやったことのないようなユニークなドキュメントバラエティ番組を立ち上げ、さまざまなゲストが参加してこちらの番組も月一回放送で定番化しています。

 

参考:池の水ぜんぶ抜く大作戦 ‐ TVOKYO

 

いろんなゲストの方が出演していますし、芦田愛菜さんはご本人からの逆リクエストで出演が決まったりしたそうで、楽しんで番組を作っているのが印象的です。

 

企画が活きるのは、そこに携わる人の魅力から♪

伊藤さんは、深夜枠での低予算かつ挑戦的な企画を成功に導く名プロデューサーとして、生き方本的ビジネス書『伊藤Pのモヤモヤ仕事術』という本を2011年に出版しています。

 

参考:伊藤Pのモヤモヤ仕事術 (集英社新書) ‐ amazon.co.jp

 

この著書のなかで「上に立つものは媒介者であれ」と書かれていて、手がけている番組では出演者のみなさんが現場で気持ちよく活躍されている印象です。

 

企画自体のおもしろさはもちろん、出演者のみなさんが持っている魅力を存分に発揮して、番組がどんどん人気となり輝いていくのをプロデュースしている伊藤さん。

 

今回のモテワンコンテストでは、どんな笑いの原石を見つけ出してくださるんでしょうか?!

 

今からとても楽しみです

 

伊藤さんのことをもっと知りたくなった方は、ぜひこちらをご覧ください。

 

伊藤隆行(@itoh_p) – Twitter

 

◆エントリーもまだ受け付けています!エントリーはこちらから

 

【モテワン2018TOP1グランプリのエントリー

[学生部門]

[漫談、漫才、コント部門]

[フリップ、パワポ、映像を使ったネタ、ものまね部門]

[ショート部門]

[TOP1コンテスト 詳細]

[TOP1コンテスト 公式Twitter]

[モテワンコンテスト 公式Twitter]


PAGE TOP