【モテワン】【バズコン】Instagram でのバズらせ方

2018年5月15日

Instagramでバズらせよう

こんにちは。

モテワンコンテスト2018 バズコン スタッフブログ担当です。

最近はSNSもたくさん種類がありますよね。

今回はInstagramでのバスらせ方を紹介します。

 

インパクトと鮮やかさを意識しよう!

 

「インスタ映え」という言葉があるように、Instagramは動画や画像の”インパクト”と”色鮮やかさ”が肝心です。

いいね!やフォロワーを増やすコツはその2点といっても過言ではありません。

 

では、有名なものをいくつか見ていきましょう。

 

(1)傘が空一面を覆いつくしているポルトガルの街「アゲダ」

まさにインスタ映えの代名詞とも言える画像です。

見ているだけで楽しくてワクワクしてくる画像ですよね。

色の鮮やかに加えて、非日常感があるのも好かれる理由かもしれません。

 

 

(2)食べたい、伸ばしたい「レインボーチーズトースト」

こちらは最近話題になっている画像で、もともとは韓国の釜山が発祥の食べ物です。

日本では、流行の発信地・原宿で食べることができます。

伸ばしたときがまさに虹のように見えるレインボーチーズは

「これを持って写真を撮りたい!」という気持ちがかき立てられますよね。

 

 

(3)アメリカ、ロサンゼルスのメルローズアベニューの天使の羽

こちらは天使の羽といって壁に描かれた絵です。

中央に立って自分から羽が生えているかのように写真を撮るのがはやっていますよね。

ピンクの壁に天使の羽、というフォトジェニックすぎるシチュエーションで女心をわしづかみされちゃいます。

 

 

#ハッシュタグをつかう

 

#ハッシュタグとは、その画像のカテゴリーのようなもので、これをつけることにより同じタグがついている全世界の画像を一覧で見ることができます。

自分の興味のあるタグを調べているからこそ、いいね!やフォロワー数が劇的に増えるきっかけになります。自分のアカウントのフォロワー数が増えれば増えるほど、一度の投稿の影響力が大きく、バズらせることにつながります。

 

ここで#ハッシュタグをつかうときのポイントをまとめました。

 

(1)日本語をつかう

Instagram上の#ハッシュタグの投稿No.1は「#love」で、12億に近い投稿があるようです。

これだけの数だと、かなりのいいね!をもらわない限り自分の投稿が埋もれてしまいます。また、日本語をつかうと日本人のフォロワーの獲得にもつながるためおすすめです。

 

(2)「#Insta〇〇」をつける

#ハッシュタグの多さで上位に来るものを見ると、

「#Instacode」「#Instanail」「#Instafashion」「#Instainterior」などがあります。

やはり流行に敏感な人が集まってるInstagramならではのキーワードですね。こういったキーワードも意識しながら、#ハッシュタグを活用してフォロワーを増やしてみましょう。

 

(3)自分だけの1枚でインパクトを与える

人気の#ハッシュタグをつけるだけでは他の投稿に埋もれてしまう可能性があります。

そこで自分だけしか撮れない写真をつかってみてはいかがでしょうか。

紹介したいものと一緒に自分がうつってみても良いですし、Instagramでは「旅するぬいぐるみ」というシリーズで、旅先の風景の中にぬいぐるみを登場させるものが人気になっています。

そういった自分だけが撮れる1枚をつかうことで数字は一気に上がります。

 

「バズらせる」ためには、

・載せる動画や画像はインパクトに、目を引くような鮮やかさにこだわる!

・#ハッシュタグをうまく活用することで、フォロワーを増やす!

・自分だけのとっておきの1枚をつかう!

 

これを意識して、あなたのおすすめのものをどんどんバズらせてみませんか。

 

◆【モテワン2018】バズコンへのエントリーはこちらから♪

[コンビニ部門]

https://mote1.jp/buzz2018_cvs/entry/

[ペット部門]

https://mote1.jp/buzz2018_pets_movie/entry/

 

[バズコン 詳細]

http://mote1.jp/buzz/

[バズコン 公式Twitter]

https://twitter.com/mote1_buz_staff


PAGE TOP