TOP1グランプリ2017の切符をつかむのはこの中にいる?!ベリベス初回観覧レポート

2017年5月30日

フリー芸人のエントリー250組以上の中から一人を選ぶ、極めて狭い門の『THE VERY BEST OF FREE(通称:ベリベス)』。
全6回ある予選の中で勝ち抜き、準決勝、そして決勝を勝てば賞金10万円と12月に行われるTOP1グランプリ2017の決勝戦の切符も手に入る。TOP1グランプリも優勝賞金が出るため、最大で121万円の賞金が手に入るかもしれない!!

記念すべき予選第一回ということで、少しでも楽しさが伝わればとレポートを伝えさせていただきます。

プロもアマチュアもごちゃまぜな【フリー芸人No.1決定戦】であるため、粗削りなネタが飛び交うこと必至。お笑いを見慣れた人からすると天外魔境な驚き斜め45°のネタが繰り広げられるかも?!

モテコンスタッフとしてベリベスを観覧してきたので、少しでも芸人の熱さが伝わったら幸いです。

出演直前!楽屋の雰囲気は?!

ベリベスが始まる前の楽屋の雰囲気は、準備でバタバタ!!
出場受付を行い、大会の説明、そして楽屋へと短い時間でスケジュールをこなす。今はプロで活躍中の方も、最初から激づまりの中でやっていったはず。だからこそ、プロになってもそのスケジュールでこなせるんだ、きっと。

約45組総勢80人近くの方の中から、去年のモテワンコンテストお笑い部門「TOP1グランプリ」ファイナリストの「ノブナガ」を発見したので意気込みを聞いてみました。

【ノブナガ】モテコン2016のTOP1グランプリファイナリスト

今回のベリベスの意気込みを聞いてみたところ、

「フリー芸人は、事務所に所属していないからといって、力がないわけではない!事務所の人も注目してくれている方もいるため、関係ないはず。フリーで頂点を取って、頑張っていきたい!」

と素敵な意気込みをいただきました。今回のベリベスに懸ける思いも強いですね。

またモテコン2017に向けて、賞金を獲得したらどのように使いたいかを聞いてみたところ、

「普通には使いたくない。お笑いにつながるような使い方をしてみたいかな。ちょっとずつではなく、いっぺんに使いたい」というトーンでした。

「競馬で増やすことに使うのも面白いし、ライブを普段はできないような豪華なものにしてみるのも。道行く人に配ろうとしたら受け取ってくれるのか?など、企画検証に使うのも面白い」と。

さすが、お笑いに携われている方なので発想がおもしろいですね。

ノブナガは、昨年のモテコン2016動画予選では、トップ通過をしており、予選通過はできるように思えますが、ライバルはもちろんいらっしゃるみたい。今回のベリベスに出演される方の中では、「矢野号」さんをはじめ、実力派なフリー芸人はたくさんいるみたいなので、頑張ります!とのこと。

ノブナガがライバル視している【矢野号】にも意気込みを

ノブナガさんより、紹介をいただきました。意気込みを聞いてみたところ……

「用意したネタ一本で優勝する!」とのこと。

ちなみに、昨年のモテコン2016お笑い部門のTOP1コンテストは、昨年もご存知だったようでK-PROのスタッフさんからもエントリーを促されたようです。

「111万円獲れたら?」という質問には、部屋の椅子がガタガタなので、111万円をそれに噛まして安定させたいとのこと(笑
お金を使う!というのを、モノとして使う発想が芸人らしいなと感じました。

そしてフリー芸人において、ライバルについて聞いてみたところ「ぶるんぼ」の名前が。ボケをやってるハリキリちゃんは、言動が破天荒すぎて、傍若無人っぷりがすごい!彼が出てきたら、ちょっと手ごわいなと。

TOP1グランプリ2016の優勝者がこういった形で名前が出てくるのは嬉しいですね。

ゲスト審査員「エルシャラカーニ清和」さんの気になる芸人は?!

 

審査員に気になる芸人を聞くの自体チャレンジなんですが、せっかくなので聞いてみました。とはいってもエルシャラカーニ清和さん自身も、今回の出演者のことはほぼ知らないらしいので、先入観を持たずに審査できるとのこと。気になるのは、M-1グランプリの三回戦まで進んだ方が、別コンビで出ているみたいなので、気になるとのこと。

漫才、コント、ピン、などフィールドが違う芸人を並列に審査するのは困難で、審査する基準があるとしたら、お客さんの笑いの量を盛り込んでみたいとのこと。ただ、友達やファンの笑いに関してはちゃんと見極めたい。いま、面白いのか。数年後に受けそうなのか、そのあたりも考慮したいですが、点数化が難しいですね。

事務所に所属してないからこそできる自由な発想とテーマ

当日参加もあり、総勢48組にも登ったフリー芸人のトップを決める『THE VERY BEST OF FREE』一回戦初回。MCを務めたマシンガンズも話していたけれど、事務所の芸人じゃ飛び出てこないネタがいくつかあった状態。プロ志向のフリーの方やアマチュアで楽しむためにやっているという方がごちゃまぜになったとコメント。

確かに、取材側として見ていても、エネルギー感の差があり、きっとこの中からも羽ばたいていく人はいるんだろうなと。親子で出ていた方(完熟フレッシュ)や直前に解散して、ピンのネタが無いことから、急遽、ネットの掲示板から公募したという猛者(新・牙一族)も。参加者を見ていると数々のお笑い界のネットワークから情報を集めて参戦しているように感じました。

気になる準決勝進出は・・・??

気になる準決勝進出者は?!
スタート当初から、何組勝ち上がるかという規定もなく、第一回は7組の準決勝進出が決まりました!!!

  • 下町モルモット
  • シンクロニシティ
  • カカロニ
  • 春とヒコーキ
  • ノブナガ
  • ガヴァドン
  • スパーキング

どの方も粗削りなところはありつつも、実力を兼ね備えたフリー芸人さん。どんなネタをやったかは、準決勝や今後の彼らの活動で目の当たりにして欲しい。どの方も、会場から笑いが起こっていた。

エルシャラカーニ清和さんの総評では、点数はバラけていたらしく、今回通過した方の中で、ご自身が高得点をつけた芸人さんはいらっしゃらないらしい。完熟フレッシュや新・牙一族を高得点としてつけていたようですが、やはり意見が分かれるところで、あえて評価をしたとのこと。

「ベリベスその2」は5月14日。次回も何が飛び出るかわからない!

お笑いは、観るポイントはたくさんあり、特にフリー芸人となると事務所のしがらみに縛られることなく自由な発想でネタを披露できる。今回のベリベスは、アマチュアのNo.1決定戦にも思えてくるが、出場者はプロでも十分活躍できる方がエントリーしています。メジャーな芸人さんのネタでは味わえないようなネタを楽しむのもいいですね。

フリー芸人最強決定戦『THE VERY BEST OF FREE 1回戦 その1データ

【日時】2017年5月6日(土)
【時間】開場15:35/開演15:45
【会場】新宿劇場バティオス(JR新宿駅東口徒歩7分、西武新宿駅北口1分)

【MC】マシンガンズ
【ゲスト審査員】エルシャラカーニ清和(+作家2名の計3名で審査)

【出演】
矢野号/ジャパネーズ/ノブナガ/カカロニ/モンローズ/シンクロニシティ/完熟フレッシュ/
徳原探題/ビコーズアイラブユー/村民代表南川/オレンジかつ丼/しんちゃん/
ポテオ/Yes!アキト/ザンジバル/安心安全/翔力/りゅぶらん/インペリアルキング岸井/
しんちゃん/シリアル/スパーキング/春とヒコーキ/立川三四楼/てづくり/リボンズ/
マバタタA/少年川島/波多野剛/破竹/新・牙一族/チルソナイト808/
ビックステーキ/パンナコッ田/ネタ工房かわだ/ポストモダン/荒くれベイビーズ/ノノノの内野/
ガヴァドン/おミルク/しんぷる紳士/ぎゃくしゅうギーク/海山昆布/イルカランプ/下町モルモット/
トロプレッソ/小麦粉パスタ/ぬらぬら/ヘアーアンドトートイス/他

お笑いライブ・イベント制作 K-PRO

THE VERY BEST OF FREE

K-PRO 公式Twitter

約250組の頂点がTOP1グランプリの決勝に!ベリベスの意気込みをK-PROに取材!


PAGE TOP