【モテワン】決勝進出者の紹介ショート③(ヤーレンズ)

雑談で大爆笑!?これが現代版漫才。

 

こんにちは。

モテワンコンテスト2018 TOP1グランプリ スタッフブログ担当です。

 

自分たちは自分たち。そういう言葉が似合うヤーレンズさん

独自の道を進んだ先に「優勝」の二文字がある。

 

今のスタイルにたどり着いたいきさつが面白い!

ヤーレンズ 2018 決勝

ケイダッシュステージ所属の漫才コンビ。

幼なじみのように見える二人の出会いは、サザンオールスターズ好きが集まるカラオケだそうです。

おもしろい出会いですよね。

 

コンビ名の由来もサザンオールスターズの曲「YARLEN SHUFFLE 〜子羊達へのレクイエム〜」からとっているそうです。

 

コンビを組むとは結婚するようなものだと聞きますが、趣味が合うというのも大切なのかもしれませんね。

 

ヤーレンズ、といえば声を張らない脱力系漫才が特徴です。

喫茶店でおしゃべりしているかのようなトーンでネタをされます。

 

漫才といえばテンションが高く、スピード感のある言葉の掛け合いというイメージがあります。

 

そんななか、なぜ雑談系になったかというと、

「二人とも喉が弱いから」だそうです。

 

そうなんですね!とぐうの音も出ません。

それが今となってはお二人の漫才の特徴になっているというのはすごいですよね。

 

そうはいっても、年間300ステージをこなすお二人。

すごい数ですよね。おもしろいからこそ300ステージも出演できるということです!

数はうそをつかないとはこのことだとおもいます。

 

幕張に向けて

決勝が決まって、8月4日までに一体いくつのステージを踏んでこられるのでしょうか。

さらに磨きのかかったヤーレンズさんのネタが見れることが楽しみですね。

 

当日会場で応援してみてはいかがでしょうか。

 

◆【モテワン2018】TOP1グランプリの詳細はこちらから♪

[TOP1コンテスト 詳細]

[TOP1コンテスト 公式Twitter]


PAGE TOP