【モテワン】爆笑と感動の渦に包まれたTOP1グランプリ決勝

2018年9月4日

笑いと感動の頂点へ輝くのはいったい誰なのか!

 

こんにちは。

モテワンコンテスト2018 TOP1グランプリ スタッフブログ担当です。

結果を左右したのは、決勝までに積み重ねてきた努力の量なのか、それとも運なのか、神の気まぐれか。モテワンコンテストに火をつけたTOP1グランプリの模様を紹介します。

オープニング!

 

TOP1グランプリの司会を務めるのは、渡辺正行さん、椿彩菜さんのおふたりです。

 

今年で3年連続司会を務めていただいております。3年間の歴史のすべてを知っているおふたり。当たり前のように息の合った掛け合いからスタートしました。

 

各部門での戦いは、審査員3名の判定によって決まります。

気になる審査員はこちら!

 

伊藤 隆行

伊藤さんはみんなが一度はきいたことがある人気バラエティ番組をいくつも生み出しているプロデューサーです。

「モヤモヤさまぁ〜ず2」「やりすぎ都市伝説」「にちようチャップリン」他多数。

 

元祖爆笑王

元祖爆笑王さんは放送作家・演芸作家・演芸プロデューサーです。こちらもみんなの日常に聞きなじみのある番組ばかりではないでしょうか。

主に担当されていたのは「笑っていいとも!」「めちゃめちゃイケてるッ!」「爆笑レッドカーペット」他多数。

 

RaMu

ネット界から舞い降りた次世代型タレント。

アキラ100%のモノマネ芸でYouTube732万回再生を記録しているそうです。

 

この豪華3名の審査員を迎えて各部門の戦いの火ぶたは切って落とされました!

 

まずは各部門での決勝戦!

【学生部門】アンドロイドVSパンプキンパンプキン

 

パンプキンパンプキン

 

フレッシュな二人の軽快な漫才が心地よい!同じ学校に通っていたら絶対に友達になりたい!そのような空気を持っている二人です。写真では伝わりづらいかもしれませんが、実は同じTシャツを着ているのです。大学生から衣装に対するこだわりも忘れないプロ意識がすごいなと思いました。

 

アンドロイド

 

高校生離れした安定感のある漫才は圧巻でした!高校生なのにお正月にテレビに出ている大御所の漫才師のかたとイメージがかぶりました。それほど落ちついて見えたのです。決勝に向けてストイックに自分たちを追い込んできた自信が観客を巻き込んだのかなと感じました。

 

勝者 アンドロイド

 

【漫談漫才コント部門】パーラーVSサツマカワRPG

 

パーラー

 

会場の空気をグワっと持っていく。力強い!そのような言葉がよく似合う漫才でした。活き活きとした二人のかけあいを見ていると自分ももっとがんばろ!とおもえる与える漫才に笑顔が止まりませんでした!

 

サツマカワRPG

 

お笑いオーラがすごい!ひょうきんさが体からにじみ出ていて、ステージに立たれただけで会場から笑いがおこっていました。これはお笑い芸人としてすごいことなのではないかとおもいます。実はこのステージのあと違う部門でも出演されます。本当にすごいですよね。

 

勝者 サツマカワRPG


PAGE TOP