【予告】ONEZファイナリスト!

2017年12月6日

2017年12月2日に開催されるONEZグランプリ。
ついに決勝進出者が出そろいました!

 

決勝戦は、公式日本一を決める大会JapanBeatboxChampionship(以下、JBC)のファイナリストも多数登場!!
実力者が揃う決勝戦となります。

 

その堂々たるファナリスとの方々はこちらです!

 

★RYOEM

ネット投票NO.1、JBC2015,2016連続ファイナリスト。
たかの友梨クリニックのCMなど企業CMなどにもに音源を提供している実力派の21歳。
鼻でメロディーを出しながら、高音を口で出す、ハミングという最近流行りのスキルを駆使。

 

https://mote1.jp/hbb/cheer/zfzxp06fuo0z

 

★KAIRI

ネット投票NO.2、JBC2011, 2013 チーム優勝、JBC2015年ソロ優勝。
2015年世界的フィルムディレクター藤井智浩とのコラボ作品「UNERI」を発表し、
“ランドクルーザー プラド”とのセッションが実現。
水の音や風の音など、自然界の音をも操り幻想的な音として自らのビートに組み込む。

 

https://mote1.jp/hbb/cheer/simm70g5p6vb

★DORE

ネット投票NO.3、JBC2017キッズ部門準優勝。
決勝戦進出者最年少12歳の小学6年生。
LA発祥、流行りのトラップミュージックという、世界的に主流な音楽を取り入れている。

 

https://mote1.jp/hbb/cheer/l98d48qc2tb1

★T2

ネット投票NO.4、JBC2017 BEST8。
基礎音(楽器のような音)がしっかりしている。人間が出しているとは思えない楽器のような音色を出すのが最大の持ち味で素人目に見ても惹きつけられる音。

 

https://mote1.jp/hbb/cheer/uz0zfniqxo08

 

★BATACO

現アジアチャンピオン。JBC2017 準優勝
難しいスローな音楽をしっかり奏で、その中にもオリジナル技を多彩多彩に組み込む。
抜群のスキルと構成力、観客を揺さぶり、巻き込み、そして最後の畳みかけるビートが特徴。

 

https://mote1.jp/hbb/cheer/ck5nhtni2bja

★KAJI

ネット投票NO.6、JBC2017 BEST8
滋賀に住む現役高校生、来年は受験のため活動休止であり今年にかけている。
非常にパッションが伝わってくる勢いのあるパフォーマンスが魅力。

 

https://mote1.jp/hbb/cheer/7iycnubauxue

★TATSUAKI

ネット投票NO.17、アジア大会2位、JBC2012 BEST4、JBC2016 優勝、EV Beatbox Contest2013、2016優勝。
KAT-TUNの中丸さんがキッカケでビートボックスを知り、兄と張り合うようにやって成長。

 

https://mote1.jp/hbb/cheer/9l00vyf5mlwm

★Miz

ネット投票NO.18 JBC2016 BEST4、JBC2013Best8、音霊感覚Vol.2優勝。
重厚な喉ベースを駆使した四つ打ちは聴いている人をノリノリにさせる。その低音重視ビートスタイルは唯一無二の存在。
体を大きく動かすことはなく平然と簡単そうにパフォーマンスするが、機械っぽくしっかり音を打ち込むのが特徴で聞いてて気持ちいいリズムを作る天才。

 

https://mote1.jp/hbb/cheer/52h1q9d501qy

 

■『モテワンコンテスト 決勝』
【日にち】2017年12月2日(土)
【時間】開場12:00/開演13:00
【会場】幕張メッセ(JR京葉線 – 海浜幕張駅(東京駅から約30分、蘇我駅から約12分)から徒歩約5分)
【住所】千葉市美浜区中瀬2-1


PAGE TOP