【モテワン】ヒューマンビートボクサーの活動とは!?

アマとプロのヒューマンビートボクサーの活動にせまります!

 

こんにちは。

モテワンコンテスト2018 ONEZ担当です。

 

今回は、ヒューマンビートボクサーの活動にせまります。

 

アマチュア時代の活動!

有名なプロのビートボクサーはたくさんいますが、その誰もがアマチュア時代を乗り越え、有名になっていくものです。

 

そんなアマチュア時代は、実際にプロのビートボクサーを見るために世界大会や日本大会に行く方も多いそうです。

 

また、実際にアマチュアの大会に出場したり、YouTubeに自分の動画をアップしたりしてプロへのチャンスを狙う方もいます。

 

アマチュアの大会に関しては、日本ヒューマンビートボックス協会こと、Japan Beatbox Associationが主催する Boostという大会があります。

地方からHBBを盛り上げようというコンセプトで2014年から定期的に開催され、2018年2月には、香川県で初のHBBの大会が行われました。

出典:https://mote1.jp/hbb/blog/2018/03/19/post-769/

 

プロとしての活動!

プロになると、ヒューマンビートボックスとしての活動はもちろんですが、CMへの出演やファッション雑誌への出演など、活動範囲が多岐にわたります。

モテワンコンテスト2017 ONEZ でのファイナリストをつとめた KAIRIさんはトヨタのランドクルーザープラドとのコラボもしています。

 

また、世界大会や日本大会に出演はもちろん、審査員を務めることもあります。

日本ヒューマンビートボックス協会の代表理事を務めている TATSUYAさん

が、モテコン2018のプロデューサーをつとめます。

 

TATSUYAさんの活動

24歳という若さで、日本ヒューマンビートボックス協会を立ち上げたTATSUYAさんがビートボックスを始めたころは、日本一を決める大会そのものが存在せず、大会そのものをつくることから始めたそうです。

 

ただ、順風満帆にいったわけではなく、全国各地でワークショップを開催して活動を続け、日本一を決める大会も毎年開催しました。

出典:http://sugoihito.or.jp/2012/12/5722/

 

そんなTATSUYAさんが手がけるプロ・アマ関係なく出場できる大会が、モテワンのONEZです。

 

ぜひ、チャンスですのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

◆【モテコン2018】ヒューマンビートボックス(ONEZ)へのエントリーはこちらから♪

https://mote1.jp/hbb2018/entry

 

[ヒューマンビートボックス(ONEZ) 詳細]

https://mote1.jp/hbb/


PAGE TOP