【モテワン】ヒューマンビートボックスを上達するには!?

2018年7月23日

こんにちは。

モテワンコンテスト2018 ONEZ担当です。

 

誰でも手軽に始められるヒューマンビートボックスですが、上達のカギとなるものは一体何でしょうか?

 

前回は「基本的な音の出し方」についてご紹介しました。

ビートボックスは基本的な音の組み合わせで、人びとを魅了することができることがよくわかりますね!

基本的な音の出し方の詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

【モテワン】ヒューマンビートボックスの基本!~基本を押さえプロ目指そう!~

 

では、基本的な音を出せるようになったら、次はどうしたらよいでしょうか?

今回は、第一線で活躍されているヒューマンビートボクサーが、どんな練習方法をしているのか、ご紹介していきます。

 

スタンバイをマスターする!

 

スタンバイというと、その名のとおり準備動作を指しますが、実はヒューマンビートボックス においては音を出す前の準備がとても重要です。

 

ある程度、基本的な音が出せるようになったら、一流のヒューマンビートボクサーがやっている、いろいろなコンボ技を連続して出せるようになっていきたいですよね。

連続して音を出すときに1つの音が弱々しくなっていくという課題にぶつかるのだそうです。

迫力のある音や心地よいビートを届けるためにも、ぜひ「スタンバイ」をマスターしましょう!

スタンバイは、いわゆる「タメをつくる」ことなのですが、やるのとやらないのとでは、音の強弱がハッキリ違うことが実感できるかと思います。

スタンバイの練習方法はこちらに分かりやすく記載されています♪

 

出典:https://groovygroove-blog.com/voice-percussion-beatbox-how-to-stand-by/

 

スタンバイを練習して、音質と音量の向上を目指しましょう!

 

ワンランク上の音をマスターする!

 

いろいろな音が出せるようになってきたら、ワンランク上の技「リップロール」に挑戦してみましょう!

リップロールは、唇を震わせて音を出させる技で、ここ最近のHBB流行り始めました♪

 

習得には時間を要するようですが、これをマスターすると演奏の幅が一気に拡がります。

リップロールの練習方法は、以下の動画で詳しく行われていて、分かりやすくてすぐに再現できそうですね。

 

練習の成果はONEZで披露しよう!

 

モテワン2018は8月の開催で、あと4ヶ月後に迫っています。

上で紹介したような技を磨いて、それを披露する場としてONEZへのエントリーをしてみてはいかがでしょうか?

昨年は、現役の小学生から海外で行われているHBBコンテストのチャンピオンまで、ありとあらゆる方が出演して、自身の技を披露して観客を魅了していました!

残り4か月。今年こそは!

モテワンヒューマンビートボックス(ONEZ)では、あなたの挑戦をお待ちしております!

 

◆【モテワン2018】ヒューマンビートボックス(ONEZ)へのエントリーはこちらから♪

https://mote1.jp/hbb2018/entry

 

[ヒューマンビートボックス(ONEZ) 詳細]

https://mote1.jp/hbb/

※2018/7/20 追記
◆8/4 当日スケジュール
11:00 開場
13:00 オープニング
20:50 グランドフィナーレ
21:30 クローズ

詳しいスケジュールはこちらをご覧ください。

《お知らせ》モテワンコンテスト2018 決勝戦 タイムスケジュール

 


PAGE TOP