【モテワン】2018年歌王!アマチュアとプロのカラオケ練習量!!

2018年7月25日

カラオケ選手権に出場する人は、どれくらい練習しているの?

こんにちは。

モテワンコンテスト2018 歌王 スタッフブログ担当です。

 

歌王にエントリーするにあたって気になるのは、「周りのライバルがどれほどの練習をしているのか」という点ではないでしょうか♪

ここでは、アマチュアでもカラオケ選手権に入賞するような方がどれくらいの練習をしているのかをプロの練習量も合わせてご紹介していきます!

 

 

1. アマチュアの練習量はどれくらい?

 

今回ご紹介するのは、「熊田 このは」さんです♪

現在中学生にも関わらず、11歳から数々のカラオケ選手権へ出場し、結果を出されています!

調べた経歴を上げてみると・・・・すごい!!

●日本カラオケボックス大賞福島県代表
●中テレ祭り2017ゆるゆる歌自慢優勝
●bakkyシンガーコンテスト全国大会出場
●NHKのど自慢コンテスト
●「関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦全日本選抜」準優勝
●全日本歌唱力選手権「歌唱王
●THE カラオケ★バトル準優勝

 

中学校では合唱部に所属しており、カラオケ大会には遠征して出場することもあるそうです!

カラオケ大会でも99点というプロ顔負けの得点を出しており、中テレ祭り2018の3月25日のイベント「ゆるゆる歌じまん選手権」に特別審査員で参加したりと、非常に注目を浴びています♪

このはさんのTwitterのツイートを追いかけてみると、受験生にも関わらず朝練したり、学校と塾の合間を縫って練習したりと日々練習することを怠っていません

この毎日の努力が実って、今の結果を出されているのですね!

 

2.プロの練習量とは?

 

では、実際にプロはどれくらいの練習量を行っているのでしょうか。

レコーディングやテレビ、ラジオなどの番組出演、ライブなど、トップアーティストとなると多忙となりますが、専属のトレーナーを付けて、日々ボイストレーニングをおこないます!

また、声が商品となるため、体調管理も常に万全に行っています

特に喉が潰れてしまうと歌えなくなってしまうことから、声帯への負担を最小限に歌えるようにするために、日々ボイストレーニングを行っています♪

「ロマンスの神様」で有名な広瀬香美さんは、プロとして長く歌えるように、練習は1日に一度集中しておこないます!枯れる寸前で練習をストップして、歌っても喉を潰さないように日々管理されてきた結果、一日4時間もかけて歌の練習をできるようになりました♪

1日1回30分でも良いから集中して、歌う練習をすることを心がけ、喉に違和感があれば、その日は歌を歌わずに、歌の研究をしているようです♪
やはりプロは練習だけでなく、喉への繊細な気配りも心がけているようです♪

 

3.まとめ

 

アマチュアでもプロでも、結果を出されている方は、日々の努力を欠かしていません

『今日はちょっと眠いから止めとこうかな』と思ったそのちょっとの差が大きな差になってくるのかもしれませんね♪

まずは練習を続けてみるというところから始めてみませんか?

その日々の小さな積み重ねが、予選・決勝を勝ち抜く自信になっていきます♪

 

 

◆【モテコン2018】歌王〜SING KING〜へのエントリーはこちらから♪

[学生部門]

https://mote1.jp/karaoke2018_student/entry/

[男性部門]

https://mote1.jp/karaoke2018_man/entry/

[女性部門]

https://mote1.jp/karaoke2018_woman/entry/

[アニソン部門]

https://mote1.jp/karaoke2018_anison/entry/

 

[歌王〜SING KING〜へ 詳細]

http://mote1.jp/karaoke/

 

※2018/7/25 追記
◆8/4 当日スケジュール
11:00 開場
13:00 オープニング
20:50 グランドフィナーレ
21:30 クローズ

詳しいスケジュールはこちらをご覧ください。

《お知らせ》モテワンコンテスト2018 決勝戦 タイムスケジュール

 

参考:

https://a-sounanda.com/kumada-konoha

https://twitter.com/konohakumada

http://loosevoice.hatenablog.com/entry/2017/02/11/231508

http://hirose-kohmi.jp/singing-haw-mamy-time/


PAGE TOP