【モテワン2018】音程の他に必要なモノとは?伝わる歌い方で感動を!!

2018年5月27日

音程だけじゃダメ!?伝わる歌い方とは?!

こんにちは。

モテワンコンテスト2018 歌王 スタッフブログ担当です。

エントリーも始まり、ますます盛り上がりを見せている歌王です♪

同じ歌でも歌い手によって、全然伝わるものが違ったという経験はないでしょうか?

普段音楽プレーヤーで聴く音とライブに行った時に聴く音も全然違って聴こえます♪

いつもと違った場所で聴いている効果ももちろんありますが、生で聴くとそのアーティストの想いが歌声に乗ってヒシヒシと伝わってくるので、感動が生まれます!

今日は人の心に響くように伝わる歌い方をご紹介します♪

 

1. 伝わる歌い方とは?

自分の好きなアーティストのように、人の心に響くように伝わる歌を歌ってみたい!と思う方はたくさんいると思います♪

まず想いを伝えるために大事なのは、聴き手とコミュニケーションを取ることです♪

 

コミュニケーションには、米心理学者のアルバート・メラビアンが公表した、メラビアンの法則という研究結果があり、そこでは、コミュニケーションで伝わるものは言語が7%で、非言語が93%と言われています。

 

そして、非言語の部分は、ボディーランゲージが55%声のトーンが38%と言われています。

ボディーランゲージとは、顔の表情や手の仕草等の目で見える情報で、笑顔で踊って跳ねて歌うと楽しそうな気持ちは伝わりますし、涙目と共に静かに歌えばその歌への想いが伝わります♪

声のトーンは、明るい声なのかもしくは泣いた声なのかという耳に関する情報で、アップテンポの歌では明るい声で歌う、悲しい歌ではしんみりした声で歌うなど、歌と表情・仕草に合わせて歌うことが重要です♪

言語は歌詞のことですが、7%となっているように、聴き手はそれほど歌詞を間違えた事は気にせず、歌手のルックスや歌の上手下手を見ています!

しかし、歌王では採点システムを使っているため、高得点を出すにはある程度スキルが必要ということは心に留めておいて下さい♪

感動を呼ぶスキルはこちらの記事でも触れています!

【モテワン】2018年 感動させる魅力的な歌声の秘訣を手にして、エントリーしよう!

最後に、感情の伝わる歌い方をご紹介します。

アーティストがライブ中のMCで、「こういった想いでこの曲を作りました♪」と曲を紹介するシーンはよくあります♪

大切な人へ想いを込めた歌や、突然いなくなった大切な人へ想った歌、本当に様々な歌があります。
伝えたい想いが聴き手の歌のイメージを膨らませ、人の心へ響く伝わる歌へ変貌します♪

 

2.まとめ

カラオケ採点システムを使うにあたって、どんな曲にすれば良いのか迷うこともあると思います。

一度ご自身の経験に照らし合わせて、得意な曲はもちろんですが、その中でも想いが乗る曲を選曲されてはいかがでしょうか?

 

今回紹介した、ボディランゲージ、声のトーン、歌詞、そして経験それぞれの情報が一致すれば、何十倍にも伝わる歌になる可能性を秘めています。

2017年の歌王で優勝したあもさんも、『一番得意な歌ではなかったけど、応援してくれる人に歌ってほしいと言われて歌いました。』と話されて、見事優勝されました!

本当にハイレベルな決勝戦だったため、応援してくれている人への想いが歌に乗った結果と言えます♪

歌王では、まだまだ皆さんのエントリーを募集しています♪

◆【モテコン2018】歌王〜SING KING〜へのエントリーはこちらから♪

[学生部門]

https://mote1.jp/karaoke2018_student/entry/

[男性部門]

https://mote1.jp/karaoke2018_man/entry/

[女性部門]

https://mote1.jp/karaoke2018_woman/entry/

[アニソン部門]

https://mote1.jp/karaoke2018_anison/entry/

 

[歌王〜SING KING〜へ 詳細]

http://mote1.jp/karaoke/

 

 

参考:

http://remivoice.jp/vocal-technics/how-to-sing.html

 


PAGE TOP