【モテワン】ストリートライブからの可能性!

ストリートライブから有名になったアーティストとは?

こんにちは。

モテワンコンテスト2018 歌王 スタッフブログ担当です。

 

駅前や大きな公園などで見かけることのあるストリートライブ。

なんとなくとおりすぎることもあれば、つい足を止めて聞き入ってしまうこともあります。

 

実は、そのようなストリートライブ出身で、今では誰もが知るアーティストがたくさんいます!

今回はストリートからいろいろなきっかけを経て有名になったアーティスト6組を紹介します♪

 

シャ乱Q

 

http://recochoku.jp/artist/2000009396/

つんく♂がボーカルを務めることで有名なシャ乱Q。

なんと彼らもストリートライブ出身のアーティストだったのです!

 

大阪出身の彼らは、大阪城公園にてストリートライブをはじめて、

翌年のNHK「BSヤングバトル」第2回グランプリを受賞してデビューにいたっています。

その後の活躍はもはやいう必要もありません。

 

Something ELse

 

http://recochoku.jp/artist/2000000608/

千葉県の柏駅前のデッキでストリートライブを行い、デビューに至ったアーティスト。

上記の曲『ラストチャンス』は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

「日本テレビ系 進め!電波少年」の企画で進退を賭けたチャレンジを見事成功させ、

J-POP史に名を刻んだアーティストと言えます!

 

ゆず

 

http://recochoku.jp/artist/2000000727/

 

言わずと知れたストリートライブ出身アーティストのゆず。

デビューしてからもしばらくはストリートライブを続けていましたが、

人が集まりすぎるといった安全上の理由でストリートライブを終了させました!

 

コブクロ

 

http://recochoku.jp/artist/2000001431/

 

コブクロも大阪の路上から生まれたビッグアーティスト。

今となっては大人気のデュオですが、ストリートライブのときから今を描いていたでしょうか?

サラリーマンの傍ら週末に路上ライブをやっていた小渕と、商店街でストリートミュージシャンをしていた黒田。

商店街での偶然の出会いがきっかけで今があると思うと、もっと応援したくなりますね♪

 

サスケ

 

http://recochoku.jp/artist/2000007135/

 

青いベンチ』で一世を風靡したサスケ。

彼らは埼玉県の大宮駅近くでストリートライブを繰り返して一躍有名になりました!

私も当時彼らのストリートライブを聞いていたので、ストリートライブの可能性を感じさせてくれたアーティストでした。

 

YUI

 

http://recochoku.jp/artist/2000004426/

 

福岡発のシンガーソングライター、YUI。

路上であぐらをかきながらアコースティックギターを弾き語りしたところから始まり、

さまざまなご縁を経てオーディションに応募、合格、そしてデビュー。

シンデレラストーリーの一言では言い表せないドラマが詰まっています!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今となっては「この人たちは特別」と言えるかもしれません。

 

でも、いろいろな想いを抱えながらも、小さなきっかけやチャレンジを経て、今があるはずです!

われわれスタッフ一同も、このモテワンがそのようなきっかけのひとつになることを祈っています!

 

◆モテコン2018 歌王〜SING KING〜へのエントリーはこちらから♪

[学生部門]

https://mote1.jp/karaoke2018_student/entry/

[男性部門]

https://mote1.jp/karaoke2018_man/entry/

[女性部門]

https://mote1.jp/karaoke2018_woman/entry/

[アニソン部門]

https://mote1.jp/karaoke2018_anison/entry/

[歌王〜SING KING〜へ 詳細]

http://mote1.jp/karaoke/

 

参考:

・シャ乱Q

http://www.up-front-agency.co.jp/sharam-q/biography.html

・コブクロ

http://kobukuro.com/profile/

・ゆず

http://yuzu-official.com/biography

・YUI

ロッキング・オン (5月号 2007年). “初めて半生を明かす、20000字インタビュー”. ROCKIN’ON JAPAN 21巻 (8号)


PAGE TOP