【モテワン】厳選!20代のための”泣ける”青春ソング7選

2018年6月12日

音楽と共によみがえる20代の青春時代

こんにちは。

モテワンコンテスト2018 歌王 スタッフブログ担当です。

 

前回は同じ青春ソングでも10代の人たちに向けた記事を作成しました。

【モテワン】厳選!10代のための”泣ける”青春ソング7選

 

第二弾となる今回は、20代のための“泣ける”青春ソングを7曲に厳選して紹介します。

音楽と共によみがえる、青春時代のあんなことやこんなことを思い出しながら、是非聞いてみてください♪

 

GReeeeN『キセキ』

 

高校野球を題材とした人気漫画をもとにした、TBS系ドラマ『ROOKIES』の主題歌。

2009年に行われた第81回選抜高等学校野球大会の入場曲にも使われていたことから、球児たちには思い入れの強い一曲ではないでしょうか?

野球をしていた人に限らず青春時代を思い出す方も多い曲だと思います♪

 

大塚愛『プラネタリウム』

 

TBS系ドラマ『花より男子』の挿入歌。

しっとりとしたメロディに切ない歌詞で大塚愛を代表する一曲です。

ドラマをみていた人はさらに青春時代を思い出したり、当時のご自身の恋愛を投影したりするのではないでしょうか?

 

FUNKY MONKEY BABYS『あとひとつ』

 

CDのジャケットに当時楽天ゴールデンイーグルス、現ニューヨークヤンキースの田中将大投手を起用。

そのことから楽天ゴールデンイーグルス所属時代の田中将大の応援ソングにも使われていました。

この歌も『キセキ』同様に野球少年たちの脳内をリピートしていた曲!

 

加藤ミリヤ×清水翔太『Love Forever』

 

学生時代にこの曲、カラオケでデュエットしませんでしたか?

キャッチーなメロディーはカラオケでも盛り上がるし、歌詞の世界観に浸る方もいるのではないでしょうか?

再度聴いて、青春時代を振り返ってみてください♪

 

レミオロメン『3月9日』

 

フジテレビ系ドラマ『1リットルの涙』の挿入歌。

卒業のテーマソングとして卒業式にうたった、聴いた、今の20代の人も多いはずです。

学生時代の思い出も、そして当時の恋愛の思い出もこの曲と共によみがえることでしょう♪

 

サスケ『青いベンチ』

 

以前ストリートミュージシャンから有名になったアーティストの記事でも取り上げた【サスケ】。

(『ストリートライブからの可能性

是非PVとあわせて、学生時代を思い起こしながら聴いてみてください!

 

Aqua Timez『等身大のラブソング』

 

Aqua Timezを有名にした出世作のミニアルバムを代表する曲。

ストレートな歌詞に心を打たれ切なくも懐かしい日々にタイムトリップします。

恋愛に悩んでいた友達がカラオケでよく歌っていた、なんてこともあるのでは!?

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

10代に向けて選曲したときもそうでしたが、青春時代を思い起こさせる音楽はたくさんありすぎて選ぶのも大変ですが、思い出もリンクさせながら選曲してみました♪

独断と偏見も入っていますが、共感できる曲も多いかと思います!

 

学生時代を思い出しながら、この夏また歌王をとおして青春の思い出をつくりましょう!

是非エントリーしてみなさんの可能性に挑戦してみてください!

 

◆【モテワン2018】歌王〜SING KING〜の投票が開始しています!
期間は6/1~6/30まで。
エントリ一覧はこちらから♪
[学生部門]
[男性部門]
[女性部門]
[アニソン部門]
※投票方法の詳細はこちらからご確認いただけます。

[歌王〜SING KING〜へ 詳細]
http://mote1.jp/karaoke/
◆【モテワン2018】歌王〜SING KING〜へのエントリーはこちらから♪

[学生部門]

[男性部門]

[女性部門]

[アニソン部門]

 

[歌王〜SING KING〜 詳細]

[歌王〜SING KING〜 公式Twitter]


PAGE TOP