おすすめブログ

最高級を味わう!海苔ひとすじの老舗店が作った|海苔を楽しむお茶漬(わさび)

ここまで、海苔にこだわったお茶漬けは、あったでしょうか。全国シェアトップクラスの、佐賀県有明海産の海苔は、味に定評があり、口どけがよいのが特徴です。お茶漬けにしたときの、やわらかいご飯と、口あたりがよくて磯の香りも味わえる海苔の相性は抜群!質にこだわり抜いた、歴史ある海苔の味を、ぜひご賞味ください。

「海苔といえば山本」

山本海苔店は、創業の1849年から「海苔ひとすじ」で経営し続け、長い歴史と伝統があります。二代目山本德治郎はマーケティングの先駆けのような販売方法をとり、「海苔といえば山本」と言われるまで、知名度を広めてきました。

その功績を引き継いだ、三代目山本德治郎は、「海苔の神様」と呼ばれるほどのプロフェッショナルで、亡くなる間際まで海苔を握りしめていたとのこと。先代の想いが受け継がれた味が、十分に堪能できる一品です。

さまざまな方面で貢献!

1869年(明治2年)、山本海苔店は苦労の末に、味附海苔を開発しました。これを機に、なんと「宮内庁御用達」を賜るようになったのです。宮内庁御用達になるには、一筋縄ではいきません。
先祖代々に渡っての厳しい審査をクリアして、宮内庁御用達を納めることができるそうです。

ほかにも、今では当たり前となっている「ドライブスルー」を日本で最初に取り入れたのが、山本海苔店なんだそうです。ふらっとお店に寄って、車に乗ったまま手軽に買えることが便利で、多くのお客さまが利用されることになったそうです。

お茶漬けの魅力

それほど、情熱的に開発が続けられ、実績も出してきた山本海苔店の海苔であれば、美味しいこと間違いなし。中身を開けてみると、想像してた以上の量の海苔が入っていたことにビックリ。ここまで海苔が楽しめるお茶漬けは、はじめてです。

熱々のご飯にかけて、上からお湯を注げば、よりいっそう引き立つ磯の香り。ご飯と海苔がよくマッチして、「海苔ってここまで美味しかったんだな」と思わせてくれます。海苔ひとすじの老舗店が、丹精込めて作ったお茶漬け。家に常備するのも良し、プレゼントでも喜ばれるでしょう。

商品概要

海苔の生産枚数が約18億枚と、全国シェアトップクラスの佐賀県。とくに有明は、海苔の養殖のプロフェッショナルが集う場所で有名です。
高級な海苔と、創業約170年の歴史と伝統を誇る「山本海苔店」の技術が掛け合わさった、一品。

贅沢な海苔がたっぷり入っていて、開けた瞬間に磯の香りが漂ってきます。海苔の口どけとご飯とが絡み合って、相性は抜群。こだわりにこだわりを重ねた海苔の味を、ぜひお試しください。

メーカー名:山本海苔店
商品名:海苔を楽しむお茶漬(わさび)5袋入

Recommend
No articles