おすすめブログ

日清 / カップヌードル(シーフードヌードル)

こんなにも具だくさん!

具はイカ、カニ風味かまぼこ、たまご、キャベツ、ネギ等、全体的に具沢山であるのが、カップヌードルの特徴でもあります。スープはシーフードのコクがあっておいしいです。
塩分が気になる方はスープの飲む量を調整してくださいね。ついつい全部飲み干してしまいます。
スーパー、コンビニ…全国どこに行っても置いてるところは、さすがはカップ麺の王道カップヌードルでもあります。

手軽で便利

カップヌードルの便利さはなんといっても「お湯を入れて3分待つだけ!」これにつきます。具材を袋から取り出したり、スープの小袋を容器に入れたり、そういった手間が一切ありません。
「お湯を入れる→3分待つ→食べる→容器を捨てる」これだけで済みます。手が汚れることもありませんし、余計なゴミも出ません。
容器も昔の発泡スチロールから、大きく進化してます。容器の裏には、お湯を注いだ後に蓋を閉めるようなシールがついた時は、地味に感動しました。
手軽さと便利さが売りでもあるカップヌードル、色んな場面で活躍してます。
ばら売りはもちろん、箱買いも出来る商品です。
普段から、よく食べる方は箱買いがオススメです。

こんな食べ方も有り!

個人的に自分好みの味に変えてます。
ちょっと調味料を入れて、自分の好きな味にしてますね。
あとは私の場合は3分待ちません。麺硬めが好きなので、お湯を入れて、30秒~1分程度で麺をほぐし始めます。
麺の芯がほぐれる前に食べるので結構おいしいです。麺硬めが好きな方はオススメです。
お湯を入れて、すぐ食べるとパリパリ感が残ります。
麺の固さはお湯を入れた後の時間を調整する事によって変えられます。
自身のお好みの固さを見つけてみて下さい。
他には、乾燥わかめを入れたりもします。具材がより増えておいしいです。
わかめを入れることで、見た目も増えて満腹感があります。
あとは生卵を入れたり、炒めたもやしを入れたり、バターを入れたりと、色んなトッピングがあります。
食べ方ではありますが、〆として、麺を食べ終わった後の残りのスープに熱々のご飯を投入をして、シーフード味の雑炊にしたりも出来ます。
魚介シーフードのスープがご飯によく合います。まさに鍋の後の〆の雑炊です。
コンビニの焼きおにぎりを入れるのも、おこげ付きの雑炊になります。
組み合わせ次第で色んな食べ方があるので、結構面白いです。
これらのオススメは、ほんの一例です。皆さんの好みの組み合わせを見つけるのも、より食事に幅が広がって楽しくなりますよ。
発売開始から40年以上、世界80カ国で愛され続けている納得のカップヌードルです。

商品概要

「おいしい、の その先へ。」をスローガンとする、日清のカップヌードルのシーフード味です。 世界初のカップ麺であり、ロングセラー商品となっています。 世界80カ国で販売されており、特にシーフード味は、フィリピンでも大人気となっています。 具材はイカ、カニ風味カマボコ、たまご、キャベツ、ネギと色とりどり入っています。 シーフードの旨みとコクがあるスープと、つるりとした麺で、最後の一滴、最後の一本まで楽しむことができます。

メーカー名:日清食品株式会社
商品名:カップヌードル シーフードヌードル