おすすめブログ

日本を元気に!ベテラン農家が自信をもってお届けします│祝米

ご長寿のお祝いに、たまにはお米のギフトなんていかが?
ベテラン農家が自信をもってお届けする、その名も祝米(いわいまい)です。

ギフトにお米、というのは、なかなかない発想かもしれません。
帰省のおともに、敬老の日のプレゼントに。
これからも長く健康で生きてほしいと想いを込めて。

そんな想いを伝えるのに「祝米」はいかが?

福島のベテラン農家こだわりの味

祝米を生産しているのは、福島県西会津町山浦集落のお年寄りの方々。
ベテラン農家の方々が、からだにやさしいお米づくりにこだわって生産しています。

農家一筋60年の方もいれば、サラリーマン生活を経て、農家とそこで働くお年寄りをサポートしようという方。
なかには前職が料理人で、本当にからだにやさしい食事とはなにか、を追求した末に自分でつくろう!と一念発起した方も。

さまざまな人の人生が福島県のいち集落にあつまり、からだにやさしくおいしいお米を生産し続けているのだそうです。

一風変わったパッケージに注目

祝米のパッケージは、ちょっと変わっているのです。450gの紅白のパックが、箱のなかにぴったりおさまったスタイル。

なんと、60代の農家がつくったお米を「還暦米」70代の農家のものを「喜寿米」、80代の農家のものを「米寿米」と名付けて、パック化しているのです。 ちょっとおもしろい区分けだと思いませんか?

紅白のパッケージは、健康で長生きしてほしいという想いが込められたもの。

人と人との交流を大事に

祝米を生産・販売している米寿米の郷は、福島県西会津町山浦でまだまだ元気に働くベテラン農家の方が、地域の特産品であるお米を通じて人と人との交流を図り、地域を活性化していこう、という目的のもと結成されたそうです。

米寿米・喜寿米・還暦米の3つのブランドは、宮城県教育大学小金澤研究室とのコラボで実現したのだとか。

さまざまな人の想いがつまった祝米。
ちょっと差をつけたプレゼントで、家族をびっくりさせてみませんか。

商品概要

福島の元気なお年寄りがつくりました。
ギフトにぴったりの祝米。

福島のベテラン農家がこだわってつくった美味しいお米を、米寿米・喜寿米・還暦米という一風変わったブランド名でお届け。長寿を願う紅白のパッケージで、日本を元気にします。

メーカー名:米寿米の郷
商品名:祝米

Recommend
No articles