おすすめブログ

太陽の恵みをギュッとしぼったみかんジュース|金メダルみかんジュース

「くだものジュースといえばみかんジュース!」

日本国内でりんごと並び収穫量が多い、みかんジュースを目にする機会は多くあるでしょう。
種類も多く、各メーカーがしのぎを削って味や素材にもこだわっていますね。

そんなときに選ぶポイントとして、

「どうせ飲むならカラダにうれしいものがいい!」

があるのではありませんか?

そんなカラダを大事にしたいあなたにおすすめなのが、金メダルみかんジュースです。
みかんの名産地、愛媛から太陽の恵みをギュッとしぼったジュースが届きます。

3つの太陽を浴びた極上のみかん

金メダルみかんジュースの原料ととなっているみかんは、海に面した真南向きで110年の歴史を誇る、石垣づくりの百石段々畑で育てられています。

直接降り注ぐ太陽、海からの反射した太陽、石垣からの反射のした太陽。
3つの太陽をふんだんに浴びた、贅沢な立地で育まれたみかんを選んでつかっています。

金メダルみかんジュースの譲れないこだわりのひとつです。

愛媛がみかんの名産地なのはなぜ?

そもそも愛媛がみかんの名産地なのはなぜでしょうか?

それは、気候が温暖で一年を通じて晴れの日が多いこと、畑の土が栄養分を多く含みながら水はけがよいことなど、みかんをおいしくつくることができる環境に恵まれているからです。

みかんの木は、一年中を通じて葉をつけている常緑樹です。
そのため、栄養が安定して供給できる気候である、晴れの日が多いほどよいとされます。

晴れの日が多ければ多いほどおいしいみかんが実る!

みかんの生産は気候に大きく左右されるといわれる由縁は、みかんの木に栄養が充分行き渡るかどうかなんです。

気温については、年間の平均気温が15℃以上かつ、冬の最低気温が氷点下5℃以下にならないことが条件です。
常緑樹に共通していえることですが、気温が下がると木が弱ってしまい、落葉します。

落葉することで、日照面積が下がり、結実量や栄養不足で完熟しなくなるなどの影響が出てしまいます。

これらの理由から、みかんの生産地は暖かい地方に限られており、そのなかでも瀬戸内海に面する愛媛はみかんの栽培によく適した土地なのです。

代表の思い

メーカーのゴールデン,エイトがみかんの美味しさを、より多くの方に味わっていただくために生まれたのが金メダルみかんジュースです。

テーマは「美容と健康」

こだわりのみかんの味を存分に味わいつくす、素材のおいしさをそのまま楽しめる製法になっています。
みかんの甘さだけでなく、酸味のバランスと香り、のど越しもよいジュースです。
皆で楽しめるおいしさで、毎日飲みたくなってしまいますね。

作り手の想いがぎゅっとつまった金メダルみかんジュースをぜひお試しください。

商品概要

3つの太陽(真南向き・海からの反射・石垣からの反射)がそろう百石段々畑で太陽をふんだんに浴びて育ったこだわりのみかん。ギュッとしぼって無添加で仕上げた自慢の金メダルみかんジュースです。

メーカー名:農業生産法人 (株)ゴールデン,エイト
商品名:金メダル みかんジュース